TOP プロフィール ブログ 活動報告 活動の軌跡 議会報告 委員会視察 リンク メール
活動報告

H29年度H28年度

 
H27年度H26年度H25年度H24年度H23年度H22年度H21年度H20年度H19年度
平成23年度の活動

活動報告/平成24年3月

青年海外協力隊市長表敬@
▲青年海外協力隊市長表敬@
青年海外協力隊市長表敬A
▲青年海外協力隊市長表敬A
愛媛県青年海外協力大使の委嘱交付
▲愛媛県青年海外協力大使の委嘱交付
青年海外協力隊・関係者知事表敬
▲青年海外協力隊・関係者知事表敬
青年海外協力隊出発予定隊員と知事
▲青年海外協力隊出発予定隊員と知事
松山市まちなか子育て・市民交流センター@
▲松山市まちなか子育て・市民交流センター@
松山市まちなか子育て・市民交流センターA
▲松山市まちなか子育て・市民交流センターA
まちコミュスポット「てくるん」
▲まちコミュスポット「てくるん」
保育室・託児室
▲保育室・託児室
多目的交流スペース
▲多目的交流スペース

2日は、午前9時30分から議会運営委員会が、午前10時からは、本議会が開議。詳細は、委員会報告及び議会報告で述べる。
午後6時30分からは、昭和33年生まれの同い年で作る燦燦会に出席。冒頭15分ほど松山維新の会や開会中の松山市議会について述べる時間を頂戴した。本当にありがたいことである。全員同い年ということもあり非常にリラックスした楽しい会であった。

3日は、早朝より体調不良のため入院し、11日の午後に退院した。この間、市長、議長はじめ同僚議員等の見舞いを受けた。感謝感謝である。

 12日は、午前10時から松山市出身の青年海外協力隊平成23年度4次隊出発隊員とシニアボランティア、帰国隊員の計3名の野志市長表敬訪問に同行。
午前11時からは、青年海外協力隊平成23年度4次隊出発隊員とシニアボランティアの計6名の中村知事表敬に同行。
午後6時からは、地元三津浜で中村知事、野志市長、水産会社関係者、地域有志を交えての懇談会に出席。体調を考えアルコールぬきで、様々なことについて意見を交換した。

13日は、産業経済委員会の退職者送別会に出席。部長、企画官、課長級3名の慰労を行った。

14日は、松山城東ライオンズクラブの午後0時から指名委員会、臨時理事会、3月第1例会に出席。

16日は、午前10時から母校の三津浜中学校の卒業証書授与式に出席。今年度は、男子93名、女子115名の計208名が学舎を後にした。最近の卒業式では、「仰げば尊とし」は、歌われず様々な歌が卒業ソングとして歌われている。

17日は、午前中、退院後初めて病院に通院した。経過は、良好であった。
午後6時からは、松山大学卓球部OB会総会に出席。5月に開催予定の温山会総会・松山支部総会の出席等もお願いし、出席者のうち11人に了解をいただいた。

19日は、午前9時30分から議会運営委員会が午前10時からは、本議会が開議。詳細は、委員会報告及び議会報告で述べる。
本会議終了後の午後3時から午後5時までは、地域主権検討特別委員会協議会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。
午後5時30分からは、市政懇談会が開催され、市長・副市長・部長等の市幹部やほとんどの市議会議員も出席した。昨年は、東日本大震災のため中止をしたため野志市長になってから初めての全議員との懇談会である。

21日は、午前7時45分から議会終了後、恒例となっている松山維新の会街頭活動に出席。それぞれが3分程度マイクを握りアピールする中、私も三津の朝市や松山市の抱える諸課題等について出勤途中の市民等に訴えた。
午後6時30分からは、熟田津クラブに出席。地元の企業の役員等と意見交換を行った。

22日は、午前10時から三津浜小学校卒業式に出席。今年度は、男子24名、女子23名の計47名が学舎から巣立った。こちらでも「仰げば尊とし」は、歌われなかった。松山市内では、ごく一部ではあるが、この曲を歌った学校もあるようである。
午後6時30分からは、松山維新の会と市政記者クラブメンバーとの意見交換会に出席。途中、野志市長も短時間ではあるが出席した。

23日は、午後1時30分から地域主権検討特別委員会リーダー会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。

24日は、午前8時から三津の朝市春の拡大イベントに参加。水軍太鼓の演奏や釣り堀、各種出店販売も行われた。私は、平成船手組のメンバーとして餅つきのお手伝いや松山保護司会第9分区(三津浜分区)のメンバーとしても更生保護について啓発活動の資料等の配布を行った。
午後2時からは、産業経済委員として松山市が開設した松山市まちなか子育て市民交流センター開所式に出席。詳細は、委員会で述べる。
午後4時30分からはサービス付き高齢者向け住宅・小規模多機能型居宅介護内覧会・説明会でマッサージの無料体験や福祉施設、福祉用具の展示も見て回った。本当に様々に工夫が凝らされていてすばらしいものである。

25日は、午後3時から松山北ライオンズクラブ30周年記念式典に出席。式典終了後の祝宴にも出席した。

26日は、地域主権検討特別委員会広域的課題・市民参加型議会調査研究グループ第14回ワーキングに出席。詳細は、委員会報告で述べる。

27日と28日は、議会運営委員会の行政視察に参加。詳細は委員会報告で述べる。
2日間とも体調は、最悪であった。

28日は、午後5時00分に松山市役所に戻った後、午後6時30分から愛媛平成市議の会幹事会に出席。5月に東温市で行う予定の愛媛平成市議の会総会と研修会等について協議した。私は、総会で承認されれば副会長を引き受けなければならない。

29日は、今日も風邪で体調は、最悪であった。薬を飲み何とか午後1時から椿神社崇敬者大祭・大会・竹田恒泰氏講演会・直会に出席。明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏は、民主党政権が進めようとしている「女性宮家の創設」の中で政府が説明している天皇陛下の公務の負担軽減のためという説明は、うそで陛下に代わって女性の宮様方が担うことができる公務はなく、公務軽減は、宮内庁に大きな問題があると述べた。
午後5時30分からは、市内ホテルで開催の愛媛維新の会設立記念 維新フォーラム 2012 in えひめに出席。開催前には、大阪維新の会とも意見交換を行った。フォーラムには、約1,000人が出席したが、その中で最も驚いたのは、中村知事の政治塾創設の下りであった。このことは、次期国政選挙とあいまって、さまざまな憶測を呼ぶことになるだろう。

30日は、午前10時から地域主権検討特別委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。

▲ページtopへ

活動報告/平成24年2月

松山子ども市議会@
▲松山子ども市議会@
松山子ども市議会A
▲松山子ども市議会A
松山子ども市議会B
▲松山子ども市議会B
第1回松山城東ライオンズクラブ柔道練成大会@
▲第1回松山城東ライオンズクラブ柔道練成大会@
第1回松山城東ライオンズクラブ柔道練成大会A
▲第1回松山城東ライオンズクラブ柔道練成大会A
坊っちゃんカップ第5回道後温泉卓球大会前夜祭@
▲坊っちゃんカップ第5回道後温泉卓球大会前夜祭@
坊っちゃんカップ第5回道後温泉卓球大会前夜祭A
▲坊っちゃんカップ第5回道後温泉卓球大会前夜祭A

1日は、午後17時30分から愛媛縣護國神社社務所で開催された建国記念の日奉祝愛媛県中央大会実行委員会打合せ会に出席。11日の建国記念の日に行う恒例の奉祝式典の最後の詰めを行った。後は、当日の参加者の人数が気にかかるだけである。

2日は、午後6時30分から松山城東ライオンズクラブ理事会に出席。終了後は、直ちに同時刻に開催の松山市役所卓球部総会・新年会に出席。到着早々、ご挨拶をさせていただきありがたかった。1次会終了後は、卓球部の先輩でもある育てる会会長と様々に意見交換をした。

3日は、午後0時15分から松山つばきライオンズクラブの例会を訪問。このクラブは、女性だけで組織している21年目のクラブであり、会員数は47名ということであった。出席者が私以外全員女性であったが、なごやかな雰囲気で迎えていただき、節分ということもあり、趣向もあり明るく楽しい例会であった。お土産までいただいて恐縮である。終了後は、議会に戻り松山子ども市議会に出席。潮見小学校の6年生が2班に分かれそれぞれ市長、議長、議員となり本番さながらの質問や答弁等を行った。終了後は、議員に対して質問もおこなわれ、松山市議会を体験し親しんでもらった。

5日は、午前9時30分から3km地点のフジ本町店前で愛媛マラソンの応援。中村知事や同僚議員、高橋尚子選手、プロ野球古田敦也氏の外、平成船手組メインバーや他の友人・知人に沿道から声援を送った。7,300人を超える参加者の最終ランナーがこの地点を通過するのに40分程かかり長い列で
あった。
応援終了後は、地元に戻り三津浜公民館で行われた三津浜公民館子ども餅つき大会に参加。子どもたちは杵と臼での餅つきや昔の遊びである独楽回し、羽子板、竹馬を体験した。応援で愛媛マンダリンパイレーツの選手等も駆けつけた。ぜんざいも振る舞われ、ごちそうになった。最後は、子供たちに餅まきを行った。日本の伝統や文化を子どもたちに教え伝えていかなければならない。

8日は、午前6時15分から倫理法人会モーニングセミナーに出席。(社)倫理研究所丸山敏秋理事長が講演を行った。早朝にもかかわらず県内各地から約950名が参加した。
午後0時15分からは、ホテルJALシティで開催の松山城東ライオンズクラブの例会に出席。
午後6時からは、コムズ(松山市男女共同参画推進センター)で行われたオイスカ愛媛県支部幹事会に午後7時15分からは、伊予鉄会館で開催の愛媛平成市議の会幹事会に出席。オイスカ愛媛県支部幹事会では、Mt.LOVE10(忽那山での植林)、海外植林等について、愛媛平成市議の会幹事会では、第31回研修会(西条市研修会)の反省、32回研修会(東温市研修会)の開催、新年度役員について協議した後、懇親会を行った。

9日は、午前10時から地域主権検討特別委員会の改革項目について他会派との意見交換会に出席。終了後、JR松山駅前の北斗に移動し松山市中央倫理法人会役員会に出席。途中で市役所に戻り午後1時からの3月議会会派予算折衝に出席。予算折衝終了後は、松山維新の会定例会で先般の大阪維新の会幹事長松井一郎知事訪問の報告や今後の行事予定、松山維新の会会員の募集等について協議を行った。また、その後の勉強会では第6次松山市総合計画の策定について現在の進捗状況の説明を担当の総合政策部企画政策課から説明を受けた。その後、NHK松山放送局のロビーで行われている伊予つばき名花展を鑑賞。今年は、寒い日が続き花の開花が遅れているとのことであった。

10日は、午前11時30分頃、再び伊予つばき名花展に行き、伊予つばき協会の役員と意見交換した。平成26年度に念願の全国椿サミットが松山市で開催されることが内定した事は、本当によかった。
午後8時からは、建国記念の日奉祝愛媛県中央大会の講師である中條高コ氏との夕食懇談会に出席。85歳の病気の体での来松であるがエネルギッシュで力強かった。

11日は、午前10時30分から愛媛縣護國神社建国記念日祭に出席。350名を超える多くの方々が参列した。終了後は、徒歩にて愛媛県県民文化会館(ひめぎんホール)に移動し午後1時30分からの建国記念の日奉祝愛媛県中央大会に出席。約2,500名が出席し大盛況であった。講師の中條高コ氏が「誇りある日本を築こう」と題し講演を行い、大会決議を採択した。アトラクションとして松山市立鴨川中学校と南中学校の吹奏楽部が記念演奏を行った。終了後には、道後にきたつ会館に徒歩にて移動。大会が延びたため青年海外協力隊のボランティア家族連絡会は、既に終了していたが、その後のEOCA(愛媛県青年海外協力協会)の新年会に参加した。

12日は、午前11時に砥部町文化会館で開催の砥部ライオンズクラブ結成30周年記念式典に出席。終了後は、松山市に戻り解脱会の感謝会に出席。

13日は、午前10時から産業経済委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。

14日は、午後7時から平成船手組例会に出席。

15日は、西予市清風会が西予維新の会として政治団体の届け出を行い、その報告と野志市長表敬のために松山市役所を訪問。市長表敬に同行した後、意見交換会を行った。
午後2時30分からは、地域主権検討特別委員会協議会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。
午後6時30分からは、毎月恒例の熟田津クラブに出席。13日の産業経済委員会の議題である三津の朝市の新施設について報告。

16日は、午前10時から議会運営委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。
午後6時30分からは、ライオンズクラブ国際協会336−A地区1R−2Z合同例会に出席。

17日は、午後6時から熱笑会に出席。
午後7時からは森盛会2月例会に出席。

18日は、午前10時からアイテム愛媛で開催の「第6回まつやま農林水産まつり」オープニングセレモニーに出席。終了後は、会場内の出店等を見て回った。
午後1時30からは、愛媛県武道館で開催の第1回松山城東ライオンズクラブ柔道練成大会 〜浜田初幸記念大会〜開会式に出席し、主催者として挨拶した。試合も観戦し、表彰式では、トロフィーの授与を行った。

19日は、昨日に引き続き「第6回まつやま農林水産まつり」に家族で行き買い物や食事をした。知り合いも多く出店しており、天気も良く、大勢の人出でにぎわっていた。

21日は、午前11時からは、松山維新の会のメンバーで中村知事を表敬訪問し意見交換会を行った。
午後5時から道後温泉本館東側の東屋で開催の坊っちゃんカップ第5回道後温泉卓球大会前夜祭に行った。野志市長が小学生と始球式で試合を行ったり、愛媛銀行女子卓球部のラリーのデモンストレーションや愛媛県出身で元世界チャンピオン小野誠司氏やラージボールの村上力プロもゲスト参加しチャレンジマッチ等を行いイベントを盛り上げた。

22日は、午後2時から三津浜公民館で開催の松山地区保護司会平成23年度第4回地域別定例研修会に出席。薬物事犯対象者に対する処遇について事例研究を行いグループに別れて討議した。再犯率の高い薬物事犯に対するさまざまな教育プログラムについて研究した。

23日は、午前10時からは、3月議会が開会。議会終了後の午後0時40分からは、地域主権検討特別委員会が開催された。詳細は、それぞれ委員会報告及び議会報告で述べる。
午後1時30分からは、松山市土地開発公社理事会にも監事として出席。稲葉副市長が理事長であることから議長となり議事を行った。新たに副理事長に議長を選出し、続いて平成24年度松山市土地開発公社事業計画・予算・資金計画を一括審議した。現在、公社が保有している土地はなく基金としての資産が6億8,628万であり、24年度事業計画としては、保有財産の管理等に務めることを決定し予算や資金計画も了承された。
午後7時からは、愛媛県青年海外協力隊を育てる会運営委員会に出席。

24日から29日までは、検査入院を含むオーバーホールのため一切の行事をキャンセルし体のケアに努めた。

▲ページtopへ

活動報告/平成24年1月

三津浜地区成人式で挨拶
▲三津浜地区成人式で挨拶
三津浜地区成人式@
▲三津浜地区成人式@
三津浜地区成人式A
▲三津浜地区成人式A
三津浜地区成人式でのアトラクション
▲三津浜地区成人式でのアトラクション
首里城の玉座
▲首里城の玉座
レスキュー隊訓練@
▲レスキュー隊訓練@
レスキュー隊訓練A
▲レスキュー隊訓練A
レスキュー隊訓練B
▲レスキュー隊訓練B
一斉放水
▲一斉放水
三津浜分団入場行進
▲三津浜分団入場行進
三津浜分団の演技@
▲三津浜分団の演技@
三津浜分団の演技A
▲三津浜分団の演技A
三津浜分団の演技B
▲三津浜分団の演技B
大学生防災サポーターのチアリーディング@
▲大学生防災サポーターのチアリーディング@
大学生防災サポーターのチアリーディングA
▲大学生防災サポーターのチアリーディングA
外国人観光客誘致学習会@
▲外国人観光客誘致学習会@
外国人観光客誘致学習会A
▲外国人観光客誘致学習会A
櫻井よしこ講演会主催者中山頭取挨拶
▲櫻井よしこ講演会主催者中山頭取挨拶
市政報告会森高県議挨拶
▲市政報告会森高県議挨拶
市政報告会野志市長挨拶
▲市政報告会野志市長挨拶
市政報告会育てる会会長挨拶
▲市政報告会育てる会会長挨拶
市政報告
▲市政報告

1日は、午前0時に地元三津厳島神社に参拝。午前1時30分過ぎからは、歳旦祭の式典に出席し玉串を法典し新年を祝った。
歳旦祭の終了後は、社務所で直会。乾杯の挨拶をさせてもらい白酒で乾杯し雑煮をいただいた。
午後1時には、愛媛縣護國神社に愛媛県隊友会の有志と一緒に公式参拝をさせていただいた。その後神楽殿で懇親会を行い新年を祝った。

3日は、午前11時から県議会議員の年賀交歓会に松山維新の会のメンバー数人と出席した。

4日は、午後1時から松山市総合コミュニティセンターで松山市年賀交歓会・式典に出席。午後3時からは、ひめぎんホールで開催の年賀交歓会にも出席。多くの経済人の方々に新年の挨拶を行った。

5日は、午前5時から三津朝市の松山市中央卸売市場水産市場初市式の式典に出席。新年初めてのセリが行われ、取引がスタートした。その後、元卸業者と懇談会。三津の朝市のことについても意見交換した。
午後6時30分からは、今年初の松山城東ライオンズクラブ理事会に出席した。

7日は、午前9時から松山市中央卸売市場水産市場において市場活性化についての意見交換を行った。
午後6時30分からは、松山市中央倫理法人会・砥部倫理法人会合同の賀詞交歓会に出席。会員諸氏と親睦を深めた。

8日は、午前10時30分から新築された地域交流センターでの初めての三津浜地区成人式に出席。祝辞を述べ新成人の門出を祝った。
午後2時からは、愛媛県卓球協会新年会に出席。卓球協会やスポーツ界に対する貢献について意見を述べた。

10日は、午前9時20分から松山維新の会定例会に出席。今後の予定や地域主権検討特別委員会の各ワーキンググループで各会派に持ち帰り意見集約をは図る項目について意見調整を行った。
午前10時からは、会派勉強会を開催。今回は、発達障害について施設で実際に仕事をしている方を講師に招いて、障害の症状や課題、行政として今後進めていかなければならないことなどについて意見交換を行った。
終了後には、三津浜に戻り恵美須神社の初えびすに行き、午後2時からと午後4時30分からのえびす餅まきと神事、直会にも出席した。
午後7時からは、平成船手組例会にも出席した。

11日は、午後0時15分から松山城東ライオンズクラブ例会に出席。

12日は、午前10時から議会運営委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。
午後1時からは、ひめぎんホールで開催された県議会議員の賀詞交歓会に出席。合せって愛媛維新の会の設立も発表された。
午後6時からは、解脱会1月感謝会(初会)に出席。途中で退席し午後7時からは、愛媛県青年海外協力隊を育てる会運営委員会に出席。
昨年愛媛新聞に掲載していただき募集した5月人形がたくさん集まり、その受け取りやアルゼンチンまでの発送についてや関啓三会長への新年あいさつ等について話し合った。

14日は、松山城東ライオンズクラブの沖縄1泊親睦旅行に参加。この日は、到着後、レンタカーでちゅら海水族館を観光。沖縄は5回目であるがちゅら海水族館は、初めてであった。宿泊は、昨年11月の産業経済委員会の行政視察の際に宿泊した国際通り沿いのホテルであった。

15日は、午前中に首里城を観光。首里城は、4回目の訪問であった。お昼は、芸能人もよく訪問する「もずくそば」の有名店で昼食。その近くの漁港の鮮魚店では、最近有名プロゴルファーが購入した別荘のことを教えてもらった。立派な建物である。
お土産等を購入し、午後便で帰松した。那覇空港では、元男子サッカー日本代表選手や元ボクシング世界チャンピオンを見かけた。

16日は、午前7時に母親と墓参り。午前10時からは、地域主権検討特別委員会広域的課題・市民参加型議会調査研究グループ第13回ワーキングに出席。詳細は、委員会報告で述べる。
午後7時30分からは、ホテル宝荘グループ・取引業者新年会に出席。来賓挨拶をさせていただいた。8時過ぎには、野志市長も到着。終了後は、中島総代会新年会の2次会に市長とともに出席。最後に市長とともに北山軒で腹ごしらえをし帰宅。

17日は、午後6時30分から建国記念の日奉祝愛媛県中央大会実行委員会の打ち合わせ会に出席。日程や進行、役割分担等について決定した。一部決まらない項目もあることから、2月1日に最終打ち合わせを行うこととなった。

18日は、午後6時30分から今年初めての熟田津クラブに出席し、三津浜の活性化について意見交換を行った。

19日は、午前10時から久万ノ台の卓球教室主催のアミスポダブルス卓球大会の開会式に出席し、挨拶を行った。少しだけ試合も観戦した。
午後6時からは、第322回松温会新春特別例会に出席。今回は、昨年の全日本大学女子駅伝で5位に入賞し今年のシード権を獲得した松山大学女子駅伝部の選手や監督、コーチなどの関係者を招いての報告会や祝賀会となり大いに盛り上がった。それにしても選手たちの節制と努力に本当に感激した。今年もぜひ頑張ってもらいたいし日本一を目指してほしい。

20日は、午前10時に愛媛県青年海外協力隊を育てる会関啓三会長を会社に訪ね、新年のあいさつを行った。
午後6時45分からは松山市役所温山会懇親会に出席。くじ引きで1等の電磁調理器が当たった。新年早々運がいい。

21日は、午後6時30分から平成船手組新年会に出席。

22日は、堀之内の城山公園で消防職員、消防団員、女性防火クラブ連合会の計1,777名が参加し松山市消防出初式が開催された。昨年に比べ暖かで風もなくて良かった。各種表彰式や大学生防災サポーターのチアリーディング、消防職員の訓練披露が行われ、消防団員の演技披露では、松山市消防団第2方面隊の三津浜、宮前、高浜、興居島の4分団の梯子の演技が行われた。
今後もさらにこういった組織の体制の充実を図り防災強化等に努めなければならない。

23日は、午前10時から地域主権検討特別委員会ワーキングリーダー会が開催された。詳細は、委員会報告で述べる。

25日は、午前9時30分から松山維新の会の臨時会を開催。1月の行事や維新の会の入会等について意見交換を行った。午前10時から地域主権検討特別委員会が開催された。詳細は、委員会報告で述べる。
終了後には、松山維新の会と野志市長との昼食会。食事をしながら様々に意見交換を行った。午後1時30分からは、入札改革(総合評価落札方式の改善)説明会に出席。契約担当部長から総合評価落札方式の改善について改善内容の説明を受けた。総合評価落札方式における更なる評価の客観性及び透明性の確保等を求める声が顕在化したことに伴い、技術提案の評価方法及び結果の公表等について改善を行い評価過程の透明性等をより一層向上させることを目的に「施工計画における評価項目の適切性」、「評価の客観性」、「評価の透明性」をより詳細にすることを改善策とする旨の報告であった。
午後6時30分からは、中村時広知事新春の集いに出席。昨年以上の出席者で大盛況であった。

26日は、午前10時から松山市観光振興議員連盟の「外国人観光客誘致学習会」に出席。日本人と結婚し市内に在住している方や留学生等、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、韓国、中国、台湾、ペルー、スリランカ、シエラレオネ(アフリカ)の方々10名も参加した。それぞれ参加議員と5班に別れ自己紹介の後、外国人の方々と松山城、道後温泉、坂の上の雲ミュージアム等のフィールドワークを行い「観光施設への乗り継ぎや移動に伴う利便性」、「観光施設への案内表示や施設内の案内全般」、「観光施設としての満足度や感じたこと」について聴き取りによる現状把握を行い、浮かび上がった問題点や改善策について協議を行った。本当にさまざまに問題点を抱え改善が必要である。午後2時からは、櫻井よしこ氏の新春特別講演会「日本の進路と誇りある国づくり」を聴講。中国、北朝鮮、ロシア、アメリカや韓国及び台湾の政治状況や日本が今後どのようにこれらの国々と外交・防衛政策を行っていかなければならないか、いつもの歯切れのいい口調で論じた。聞いていて気分がすっきりする内容であった。
午後5時からは、松山西ライオンズクラブ40周年記念式典に出席。友好クラブや姉妹クラブの山口ライオンズクラブも出席し盛大な会となった。

27日は、正午から内外ニュース1月懇談会に出席。NPO法人日本個人投資家協会副理事長で元スミス・バーニー証券副会長 伊藤稔氏が「欧州発金融危機と日本経済の見通しについて」講演を行った。
午後6時15分からは、松山西高校OBの市役所職員で組織する松山市役所西高会に出席。

28日は、正午から市政報告会を実施。どれくらいの方々が出席してくれるのか心配であったが、思った以上の約140名の方にご出席いただき、感謝感激である。関係者の評判もよく大成功であったように思う。

30日は、午前10時から産業経済委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。
午後6時からは、愛媛地球市民の会のメンバーとして椿神社境内で拉致問題啓発活動に参加。署名活動や拉致問題の早期解決を訴えた。

31日は、午後4時から午後6時まで愛媛県拉致議連のメンバーとして昨日と同様に椿神社境内で拉致問題啓発活動に参加。署名活動や拉致問題の早期解決を訴えた。
終了後の午後6時からは、本殿での椿まつりの後宮祭と社務所での直会にも出席した。

▲ページtopへ

若江 進便り/平成24年1月

明けましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になりました。本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
さて昨年七月に松山維新の会が政治団体となりました。私の思想信条は、いささかも変わっておらず、自民党の理念や活動に近いと思いますが、党の団結を阻害するもので見過ごすわけには行かないという理由で八月に自由民主党を除名処分となりました。
今後は、無所属、会派「松山維新の会」として大阪維新の会とも連携しながら頑張りますのでご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
また、昨年の十二月議会では、優秀なスポーツ選手や国際ボランティア(青年海外協力隊)の採用、JR三津浜駅の駐輪場対策、教科書採択、拉致問題、国体の準備などについて一般質問を行いました。市長はじめ理事者には耳の痛い内容もありましたが、今後も中村県政、野志市政に是々非々で臨み、より良い地域づくり、故郷づくりのため、皆様のご意見を市政に届けてまいりますので、松山市に対する要望等がございましたらお知らせ下さい。何卒、よろしくお願い申し上げます。
 本年の皆様のご健勝、ご多幸、ご発展を心よりお祈り申し上げます。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年12月

青年海外協力隊帰国隊員の野志市長表敬
▲青年海外協力隊帰国隊員の野志市長表敬
青年海外協力隊出発隊員の副知事表敬に同行
▲青年海外協力隊出発隊員の副知事表敬に同行
野志市長に帰国報告する青年海外協力隊員
▲野志市長に帰国報告する青年海外協力隊員
人権啓発フェスティバル表彰を受け
▲人権啓発フェスティバル表彰を受け
人権啓発フェスティバル表彰を受け
▲人権啓発フェスティバル表彰を受け
立木早絵さん@
▲立木早絵さん@
立木早絵さんA
▲立木早絵さんA
立木早絵さんB
▲立木早絵さんB
拉致問題啓発パレード@
▲拉致問題啓発パレード@
拉致問題啓発パレードA
▲拉致問題啓発パレードA
愛光学園での桜の植樹@
▲愛光学園での桜の植樹@
愛光学園での桜の植樹A
▲愛光学園での桜の植樹A
河田脳神経外科病院にて
▲河田脳神経外科病院にて
河田院長にAED寄贈
▲河田院長にAED寄贈
大街道献血ルームでの献血活動@
▲大街道献血ルームでの献血活動@
大街道献血ルームでの献血活動A
▲大街道献血ルームでの献血活動A
松山維新の会
▲松山維新の会
松山維新の会街頭活動
▲松山維新の会街頭活動

1日は、朝から13日に行う一般質問の原稿作成を行う。午後3時からは、帰国した松山市出身の青年海外協力隊OG2名の野志市長表敬に愛媛県青年海外協力隊を育てる会 武村副会長とJICA四国 本田愛媛県進路相談カウンセラーとともに同行した。午後6時30分からは松山城東ライオンズクラブ理事会に出席。終了後は、有志によるライオンズクラブ会員の誕生祝も行われた。

2日の午前9時30分に議会運営委員会が開催された。定刻の午前10時には、12月議会が開会した。詳細は、委員会報告と議会報告で述べる。
議会終了後は、松山維新の会定例会が行われ、12月の今後の予定と1月の定例会及び勉強会日程等を決定した。また、地域主権検討委員会で会派に持ち帰ってきた案件についても協議がなされた。
午後1時からは、地域主権検討委員会広域的課題・市民参加型議会調査研究グループのワーキングが開催された。詳細は、委員会報告で述べる。

 3日は、午後1時から松山市総合コミュニティーセンターで開催された人権啓発フェスティバルに参加。ダンスパフォーマンス「JOY POP」、開会行事での平成23年度人権啓発標語・ポスター等の表彰式が行われた後、2008年、2009年に「24時間テレビ」の企画で津軽海峡横断リレー、2010年にトライアスロン完走、2011年には、キリマンジャロ初登頂を行った全盲の立木早絵さんが「さらなる一歩を踏み出そう!」と題しトークショー&ピアノの弾き語りを行った。
午後7時からは、森盛会の忘年会が行われ出席した。

4日は、朝から13日に行う一般質問の原稿作成を行う。午後5時からは、道後のホテルにおいて毎年恒例の愛媛県隊友会中予地区忘年会に出席。現役自衛官、自衛隊OB、国会議員、知事代理、県議会議員、市議会議員をはじめとする特別会員も出席しにぎやかな会となった。
途中で退席し平成船手組の忘年会にも合流し楽しいお酒を酌み交わした。

5日は、日本赤十字血液センターによる松山東警察署における献血活動において、松山城東ライオンズクラブも協力し、私も参加して献血協力者にライオンズクラブから粗品を手渡した。年末は、特に血液が不足するとのこと、多くの人の協力が必要である。

6日は、朝から13日に行う一般質問の原稿のチェックを行う。午後6時からは、建国記念の日奉祝愛媛県実行委員会平成23年度総会に出席。平成24年2月11日の建国記念日に行う奉祝大会について協議を行った。総会終了後には、懇親会も行われた。

7日は、午後6時からは、地元三津浜汽船の故渡部優氏の従六位旭日双光章受賞報告会に出席。改めて故渡部優氏の残された業績をたたえた。亡くなられたのが本当に残念である。

8日は、午前10時から議会が開会し、一般質問が行われた。詳細は、議会報告で述べる。
午後6時からは、松山中央倫理法人会役員会に出席、終了後には、忘年会にも出席した。

9日は、午前10時から議会が開会し、一般質問が行われた。詳細は、議会報告で述べる。
午後5時15分には、知事室を訪問し意見交換を行った。
午後6時からは、松山市役所卓球部有志と伊予鉄道卓球部有志の合同忘年会に出席した。スポーツを通じての仲間は、本当にいいものである。

10日は、昼から松山市総合コミュニティーセンター体育館で開催された第3回三地区(四国・中国・九州)学生卓球選手権大会に行き、母校松山大学卓球部の応援を行う。団体男子で初優勝した。すばらしい成績である。
午後2時からは、愛媛県拉致議連、救う会愛媛、国会議員も参加し、拉致問題啓発パレードに参加し松山市駅前の坊っちゃん広場から一番町大街道入り口まで署名活動やチラシ配布をしながらシュプレヒコールをあげながら練り歩いた。大街道入り口では、マイクも握り拉致問題を通行人にアピールした。
終了後には、国際ホテル松山で愛媛県拉致議連主催の国会議員との拉致問題に関する意見交歓会であったが、9名いる国会議員本人の出席は、わずかに1名で、後は秘書の出席であった。非常に残念であった。終了後は、救う会愛媛主催の忘年会。終了を待たずに友人の会社(獏工房)の忘年会の出席のため道後のメルパルクに向かう。にぎやかな忘年会であった。

11日は、午前10から昨日に引き続き松山市総合コミュニティーセンター体育館で開催された第3回三地区(四国・中国・九州)学生卓球選手権大会に行き、ダブルスとシングルスを観戦。

12日は、午前9時30分から議会運営委員会が、午前10時からは議会が開会し、一般質問が行われた。詳細は、委員会報告と議会報告で述べる。

13日は、午前10時から議会が開会し、一般質問を行った。昨年の12月の一般質問から一年振りである。詳細は、議会報告で述べる。議会終了後には、松山維新の会の会議。代表者会や地域主権検討委員会のワーキングで審議された内容について会派で意見統一を図った。午後5時からは、知事、市長も同席し松山維新の会納会(維新前進の会)が行われた。1時間ほどで退席し午後6時からのオイスカの幹事会と忘年会の方にも出席した。

14日は、午前10時から産業経済委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。午後0時15分からは、松山城東ライオンズクラブ第1例会に出席。例会終了後には、愛光学園で寄贈した桜5本の植樹を行う。またその後、河田脳神経外科病院で河田院長に、AED3機を寄贈した。
午後6時からは、産業経済委員会の議員有志と部長、企画官の12名で忘年会を行う。

15日は、午前11時30分からの青年海外協力隊出発隊員2名の知事表敬に同行。知事は、急な公務が入り、副知事の対応となった。愛媛県青年海外協力大使の委嘱や隊員の抱負なども語られ和やかな表敬となった。午後からは、大街道献血ルームでの献血活動のお手伝い。
夜6時30分からは、OB会主催の壮行会も行われ、みんなで出発隊員の活躍と健康を祈った。

16日は、午前10時から平成船手組有志と地元小富士保育園恒例の餅つきのお手伝。男手がないので毎年園長先生が苦労されている。終了後は、昨日同様、大街道献血ルームでの献血活動のお手伝い。午後3時からは、愛媛県主催の拉致問題を考える研修会に出席。拉致問題啓発DVDや特定失踪者家族の訴え、特定失踪者問題調査会 荒木和博代表の講演が行われた。ご家族のことを思うと本当に心が痛む。1日も早い解決を望む。
終了後には、講師の荒木代表を囲んで拉致問題について意見交換会も行った。

17日は、雨天のため中止が続いていた松山城東ライオンズクラブの松山城登城道清掃に久しぶりに参加した。本当に寒かった。

19日は、午後12時から内外ニュース12月懇談会に出席。前愛媛県知事 加戸守行氏が「ふるさと愛媛に生きる」と題して講演を行った。知事時代には、言葉に出せなかった個人の考えや思いを吐露された。
午後5時30分からは、年末恒例の愛媛県青年海外協力隊を育てる会による愛媛県出身派遣中隊員へのカレンダー発送の梱包作業に参加。終了後には、忘年会も開かれた。

20日は、午後6時30分からレクサス松山城北のGMの招待で プレミアムステージ with 秋川雅史に出席。新型のレクサスの発表会と秋川雅史さんのトークショーを楽しんだ。残念ながら時間がなくてコンサートを見ることはできなかった。

21日は、午前9時30分から議会運営委員会。午前10時からは、本会議が開かれ、採決等が行われ12月議会は閉会した。詳細については、委員会報告と議会報告で述べる。
午後6時30分からは、熟田津クラブに出席。

22日は、午前7時45分から久しぶりに松山維新の会の街頭活動を行った。松山市駅前でメンバー全員がマイクを握り街頭演説を行った。私も3分ほど街頭演説を行った。
午後6時30分からは、野志克仁市長の市政報告会・笑顔で望年会2011に出席。1時間ほどで退席し、松山城東ライオンズクラブ忘年例会にも出席。

23日は、午前中 第1回72小学生卓球大会をのぞく。愛媛国体の主力となる小学生の強化試合であった。午後2時からの「天皇誕生日をお祝いする集い」では、昨年に続いて百地章日本大学教授が「今の日本にとって大切なこと」〜愛媛玉串料訴訟最高裁判決」の呪縛からの脱却を!〜と題して講演。裁判判決等の矛盾や疑問についてその考えを述べた。
夜6時からは、マスコミ関係者らと忘年会を兼ねた意見交換会を行った。

24日は、早朝より実家で親戚が集まり正月用の餅つきを行った。

25日は、夜6時から平成船手組の有志とその家族、知人らで忘年会。

26日は、午後6時30分から愛媛企業家交流研究会平成23年度地域交流合同忘年会に出席。野志市長を誘い2次会へも行った。

28日は、午前9時30分から地域主権検討特別委員会各ワーキンググループの進捗状況等について意見交換を行った。詳細は、委員会報告で述べる。
午後6時30分から松山北ライオンズクラブの例会を幹事と二人で訪問。我々のクラブとの例会進行の違いや参考になることなどを研究した。

30日は、青年海外協力隊の先輩の家での餅つきに参加。子どもたちや友人等も参加しにぎやかな餅つきになった。以前は、EOCA(愛媛県青年海外協力協会)で留学生や研修生らの多くの仲間が集まって餅つきを行った家である。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年11月

整列する第14旅団
▲整列する第14旅団
音楽隊と第14旅団
▲音楽隊と第14旅団
観閲式でパレードする戦車
▲観閲式でパレードする戦車
善通寺駐屯地の戦車
▲善通寺駐屯地の戦車
祝賀会鏡開き
▲祝賀会鏡開き
拉致問題街頭演説@
▲拉致問題街頭演説@
拉致問題街頭演説A
▲拉致問題街頭演説A
中野オイスカ会長・紺野さんと協力隊関係者
▲中野オイスカ会長・紺野さんと協力隊関係者
協力隊OB・中野オイスカ会長・紺野美
▲協力隊OB・中野オイスカ会長・紺野美紗子さん
女優・国連開発計画親善大使紺野美紗子さん
▲女優・国連開発計画親善大使紺野美紗子さん
太鼓演奏(親しまれる市議会をめざして)
▲太鼓演奏(親しまれる市議会をめざして)
釣りのチョーさんこと長島幸雄氏
▲釣りのチョーさんこと長島幸雄氏(親しまれる市議会をめざして)
アンサンブル演奏(親しまれる市議
▲アンサンブル演奏(親しまれる市議会をめざして)
三津中水軍太鼓(三津浜地区文化祭)
▲三津中水軍太鼓(三津浜地区文化祭)
三津小金管バンド(三津浜地区文化祭)
▲三津小金管バンド(三津浜地区文化祭)
三津浜幼稚園(三津浜地区文化祭)
▲三津浜幼稚園(三津浜地区文化祭)
三津浜幼稚園保護者コーラス(三津浜地区文化祭)
▲三津浜幼稚園保護者コーラス(三津浜地区文化祭)
バザー(三津浜地区文化祭)
▲バザー(三津浜地区文化祭)
第31回愛媛平成市議の会西条研修会
▲第31回愛媛平成市議の会西条研修会

1日の午前10時20分発のANAで東京に出発。到着後は、すぐに宿泊予定の八重洲富士屋ホテルに向かう。丁度、部屋の清掃も終了しておりチェックインできた。ラッキーであった。日本橋久松町の中央区立久松小学校を訪問。旧伊予松山藩16代 久松定謨氏が多額の寄付をし、そのことから久松小学校と名づけられたということや、10年ごとに皇室の方々が創立記念式典に出席されること等の説明を受け、資料館も見学させていただいた。午後6時30分からは、赤坂のANAインターコンチネンタルホテルでの中村時広君を囲む会に出席。自民党、民主党の衆議院議員も出席しており知事の人脈には、驚かされる。

2日は、午前9時から久松小学校校友会会長と意見交換。3年前から松山市立番町小学校と交流しており12月に来松し学校を訪問するとのことであった。来年が久松小学校創立140周年であることから皇室の方や久松定謨氏の縁者の方を招き大規模な記念式典を行いたいとのことであった。同じく久松定謨氏が多額の寄付により創立された番町小学校と将来的に姉妹校でも締結できればと願う。
午後6時から伊予鉄会館で愛媛平成市議の会第3回幹事会に出席。11月21日と22日に行う予定の第31回西条研修会について最終の打ち合わせを行った。また、先月行った愛媛県に対する「伊方原子力発電所に関する緊急要請」についての報告と現在賛否が分かれているTPPについても意見交換を行った。なかなか難しい問題である。

3日は、午前中、三津浜中学校文化祭・PTAバザーに行く。松山保護司会のたすきをして社会を明るくする運動をPR。バザーでは、うどんやいなり寿しを食べ、ほんの少しだが杵で餅つきも行った。

4日は、午前11時30分から松山市中央倫理法人会役員会に出席。今後の例会等の行事日程等について協議した。午後6時30分からは、クリエイティブ・ユニットの新社長と息子、獏工房の二神専務を誘い松山経済研究会第2回経営力向上委員会に出席。いよぎん地域経済研究センターの山崎社長が講演を行った。

5日は、午前9時から午後0時までウェルピア伊予においてライオンズクラブ336−A地区1Rの今期第1回新会員オリエンテーションが行われ、松山城東ライオンズクラブ会長として出席。当クラブからは、新会員として白石豪氏が出席。ライオンズクラブについて様々なテーマで先輩会員から講義を受けた。終了後は、午後2時から松前町の愛媛県警察学校で開催された毎年恒例の観菊会&ふれあいコンサートに出席。愛媛県警察音楽隊や地元岡田小学校金管バンド部の演奏、交通安全講座や防犯教室(振り込め詐欺防止寸劇)が行われた。防犯グッズ贈呈式では、松山城東ライオンズクラブ会長として岡田小学校校長へ防犯ブザーを50個贈呈し児童の安心・安全に役立ててもらうこととした。
午後5時40分には、高浜港から興居島の泊港へ向かい、松山維新の会泊支部の設立総会に出席。大勢の方々に賛同していただき無事に支部が設立でき大変心強い。泊支部の方々に心から感謝申し上げたい。8月に政治団体に届け出をして初の支部設立である。懇親会の後、最終便 午後8時10分のフェリーで高浜港に戻る。

6日、午前6時30分に自宅を出発し愛媛県隊友会(自衛隊OB)のメンバーとマイクロバスで善通寺市に向かう。陸上自衛隊善通寺駐屯地で第14旅団創隊5周年・善通寺駐屯地開設61周年記念行事が行われ、自衛隊関係者、国会議員、県議会議員、市議会議員、被災地の女川町長や被災者等とともに出席した。観閲式は、あいにくの雨で残念であったが多くの方々が来場した。また、第14旅団が支援
を行った被災地の町長やそこから非難している町民も出席し祝賀会も盛大に行われた。
午後3時頃善通寺を出発し、午後5時過ぎに帰松。キルト作品を制作する教室を開いている増田恵子先生の古典を観覧。ぬくもりのある鮮やかなすばらしい作品である。平成21年5月には、坂の上の雲ミュージアムにキルト作品「おいでんか 松山」を寄贈していただいた。残念ながらミュージアムなかなか展示していただけないのが残念である。

7日と8日は、地域主権検討特別委員会広域的課題・市民参加型議会調査研究グループ行政視察で川崎市と横須賀市を訪問。詳細は、委員会視察報告で述べる。

8日は、午後6時50分に松山空港に戻り、そのまま、午後7時からの平成船手組例会に出席。23日に行われる古い町並とグルメ散策、27日の講演会「子規が愛した三津浜」等について打ち合わせを行った。

9日は、午後0時15分からライオンズクラブの例会に出席。新会員が入会することになり本当に喜ばしいことである。終了後には、午後1時30分からの松山維新の会勉強会に出席。松山市青少年育成市民会議の取り組みや現状について説明を受けた。
午後8時からは、久しぶりに大学時代の先輩と卓球練習を行い、いい汗をかいた。

 11日は、午後6時から第2回伊予善友会に出席。この会は、中村知事が会長を務めており、神社本庁総長 石清水八幡宮 田中恆清宮司が講演を行い、懇親会も行われた。講演では、日本の神道や仏教との関わり等について詳しく説明された。

 12日は、久しぶりに拉致問題を考える愛媛県民会議(救う会愛媛)の街頭署名活動に参加。10分程度ハンドマイクを握り、松山市駅前で拉致問題の早期解決や署名協力を訴えた。

 13日は、午前10時から崇教真光11月度月並祭に出席。午後6時からは、坂本龍馬をこよなく愛し尊敬するメンバーで組織する愛媛龍馬の会総会に出席。土佐のお酒を飲みながら楽しく歓談した。

 14日は、午後5時30分に(公財)オイスカ愛媛県本部第28回愛媛の集いに出席。今年は、オイスカ創立50周年の記念すべき年であり、オイスカ・インターナショナル中野良子総裁も出席。また講演会では、女優で国連開発計画(UNDP)親善大使も務める紺野美沙子さんが「子供たちの未来のために」と題し女優を目指した理由や親善大使として訪問した開発途上国、東北大震災の被災地の状況について約1時間30分話された。国連開発計画(UNDP)親善大使終了後は、世界中に9名の著名人が委嘱されており、サッカーのジダン、ロナウドやテニスのシャラポア、俳優のアントニオ・バンデラスなどもそのメンバーである。来日中の研修生らも出席し懇親会も行われた。紺野美沙子さんも出席し気さくに写真撮影に応じていた。

15日は、午後6時30分から第23回愛媛日華親善協会の総会に出席。この会は、台湾との友好親善を推進する会であり、台湾建国100周年の国慶節記念行事のため先月10月8日から11日まで台湾を訪問した会員や台湾からの愛媛大学、松山大学留学生も数多く出席した。

16日と17日は、産業経済委員会行政視察で沖縄県那覇市と糸満市を訪問した。詳細は、委員会視察報告で述べる。

18日は、午後10時30分から臨時議会と12月議会に上程される議案や補正予算等について松山維新の会と市長以下の理事者とで予算折衝を行う。終了後には、地域主権検討特別委員会のワーキンググループで話し合われている内容について、松山維新の会で検討会を実施した。午後6時からは、熱笑会のセミナーに出席。成人後見制度について公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートの司法書士の方から講義を受けた。独居及び認知症の方が増加する中、制度の利用者が年々増加し、特に介護施設等においては、その対応に苦慮するケースが増加している。

19日は、午後1時からは、親しまれる市議会をめざして〜今、議場がおもしろい〜に出席。市議会議場おいてオープニング演奏で「和楽 桜鳴座」が勇壮な水軍太鼓を演奏。続いて釣のチョーさんでおなじみの長島幸雄氏が「チョーさんの釣りよもやま話」と題し講演を行った。魚のことに関するクイズや自身の船酔い体験、珍しい漁法等について面白おかしく話をされた。また最後に、愛媛交響楽団のメンバーで結成した6重奏「アンサンブル蔵」のミニコンサートも行われ、公募で招待された市民に議場でのひと時を楽しんでもらった。小さなことかもしれないが、今後も市民に議会に直接触れてもらい身近なものに感じてもらうような努力が必要であろうと思う。

20日は、午前10時から三津浜公民館主催の三津浜地区文化祭に出席。三津浜中学校の水軍太鼓、三津浜小学校の金管バンド等のアトラクションやバザーを楽しんだ。三津支所が完成し初めての文化祭ということもあり、会場が手狭なのと舞台の天井が低いこと、出演者と来場者の出入口が同じであること等、関係者は非常に苦労していた。午後は、松山城東ライオンズクラブが出店した堀之内公園で開催のフリーマーケットに参加。ライオンズクラブ会員が拠出した商品の販売を手伝った。前回の売上と合わせ6万円程の活動資金を獲得した。
午後4時30分からは、1R−2Z第2回諮問委員会に出席。ゾーンチェアパーソン(ZC)からの質問や他クラブの状況について意見交換を行った。

21日は、午前10時から議会運営委員会が行われた。詳細は、委員会報告で述べる。午後1時からは、25日に開催予定の臨時会(臨時議会)の議案等各会派説明会が行われた。終了後は、西条市に向かい西条国際ホテルで開催の愛媛平成市議の会研修会に出席。東日本大震災を教訓とした防災に関し西条市職員の東北での活動等について報告を受けた。西条国際ホテルに宿泊。

22日は、昨日の研修会に引き続き、現地(西条市)の元気な企業2社を視察した。終了後は松山に戻り午後7時からは、平成船手組例会に出席。明日23日に行われる古い町並とグルメ散策の最終打ち合わせを行う。

23日は、平成船手組のメンバーとして午前9時から夕方まで三津浜の古い町並とグルメ散策の運営を行う。生憎の雨で客足が鈍かったが平成船手組のメンバーや三津浜中学校の生徒がテントはりやじゃこ天製造販売、バーべキュー(魚貝類)セット販売、スタンプラリーの受付等のボランティアを行った。
もう少し早く天候が回復すれば、もっと客も増えるのに残念であった。

24日は、午前10時から地域主権検討特別委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。終了後すぐにホテルJALシティ松山に移動し松山城東ライオンズクラブ例会に出席。約1年ぶりとなる新会員が加入してくれた。非常にありがたいことである。午後6時30分からは、本年度の温山会松山支部総会反省会に出席。決算報告等が報告された。また、来年5月予定の温山会・温山会松山支部総会の日程についても予定が発表された。

25日は、午前9時30分から議会運営委員会が行われ、引き続き午前10時から臨時議会が開催された。。詳細は、委員会報告及び議会報告で述べる。午後1時からは、12月議会議案等各会派説明会が開催された。
午後3時からは、愛媛縣護國神社での三島由紀夫・森田必勝両烈士41年祭に出席。
終了後、道後で待ち合わせの協力隊同期隊員と合流し道後の湯につかる。今晩は、我が家に泊めることにしていたので三津浜に戻って一緒に食事を取り久しぶりに色々な話をした。

26日は、早朝松山空港まで協力隊同期隊員を送る。三津に戻りすぐに松山地域交流センター(三津浜)での健康診断を受ける。通常の検診は、健診センターで受けるが、がん検診だけここで受けた。

27日は、午前11時愛媛県国際交流センターで開催のえひめ国際まつりに行く。毎年EOCA(愛媛県青年海外協力協会)がブースを出展し開発途上国のコーヒーやお菓子を販売しており今年もにぎやかに実施した。ただ残念なのは、今年でこのイベントも終了とのことであった。例年は、同時期に隣のひめぎんホールで行われていた産業まつりが今年は、松山市との共同開催としてすでに堀之内公園で開催されていたこともあり単独での開催であったが人出もまずまずであったと感じた。昼食もインドカレーや懐かしいスリランカの料理を食した。午後は、三津浜に戻り平成船手組主催のやさしい文化と医療講座に参加。「子規が愛した三津浜」と題した講演と「最近の心臓病治療」についてセミナーが開かれた。
午後8時からは、市内のホテルに松山維新の会や愛媛県議会維新の会、西予市議会のメンバーが集合し大阪府知事・大阪市長選の結果を見守った。全員が揃う間もなく橋本、松井の両候補に当選確実が出て圧勝であった。喜ばしいことである。

28日は、午前8時30から医療法人順風会健診センターで健康診断を受ける。至れりつくせりで非常にスムーズに検診を受けることができありがたかった。終了後は、モーニング形式の朝食もあり朝食抜きであったので助かった。非常にいいサービスである。
午後3時30分からは、愛媛県海外協会の会報に掲載予定の新会員の紹介の取材を受ける。午後4時45分には、小野田寛郎ご夫妻を空港まで出迎えに行き、松山全日空ホテルまで送る。午後6時から小野田寛郎ご夫妻と片男波親方を囲んでの望年会が開催された。終了後は、松山卓球協会の忘年会に合流した。

29日は、午前10時から産業経済委員会が開催された。詳細は、委員会報告で述べる。

30日は、12月議会で13日に一般質問を行うため質問書の作成を行う。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年10月

陸上自衛隊松山駐屯地創立56周年記念式典
▲陸上自衛隊松山駐屯地創立56周年記念式典
陸上自衛隊創立56周年記念式典A
▲陸上自衛隊創立56周年記念式典A
大神輿総練
▲大神輿総練
大神輿総練A
▲大神輿総練A
大神輿総練(知事・市長)
▲大神輿総練(知事・市長)
大神輿総練(名古屋おもてなし武将隊)
▲大神輿総練(名古屋おもてなし武将隊)
大神輿総練(琉球國まつり太鼓)
▲大神輿総練(琉球國まつり太鼓)
大神輿総練(宇和島牛鬼)@
▲大神輿総練(宇和島牛鬼)@
大神輿総練(宇和島牛鬼2体)
▲大神輿総練(宇和島牛鬼2体)
大神輿総練(獅子舞)
▲大神輿総練(獅子舞)
大神輿総練(女神輿3体)
▲大神輿総練(女神輿3体)
大神輿総練(神輿鉢合わせ)
▲大神輿総練(神輿鉢合わせ)
全国市議会議長フォーラム開催引継ぎ
▲全国市議会議長フォーラム開催引継ぎ
三津北神輿 柳井町巡町
▲三津北神輿 柳井町巡町
台湾 松山空港
▲台湾 松山空港
忠烈祠 王惠民陸軍大佐
▲忠烈祠 王惠民陸軍大佐
忠烈祠
▲忠烈祠
龍山寺
▲龍山寺
中正紀念堂
▲中正紀念堂
圓山大飯店@
▲圓山大飯店@
圓山大飯店A
▲圓山大飯店A
台湾軍事パレード@
▲台湾軍事パレード@
台湾軍事パレードA
▲台湾軍事パレードA
台湾軍事パレードB
▲台湾軍事パレードB
台湾軍事パレードC
▲台湾軍事パレードC
台湾軍事パレードD
▲台湾軍事パレードD
台湾建国100周年国慶節@
▲台湾建国100周年国慶節@
台湾建国100周年国慶節A
▲台湾建国100周年国慶節A
馬英九総統挨拶
▲馬英九総統挨拶
蒋介石使用の高級外車
▲蒋介石使用の高級外車
台北賓館(日本統治時代の旧台湾総
▲台北賓館(日本統治時代の旧台湾総督官邸)
台北賓館@
▲台北賓館@
台北賓館A
▲台北賓館A
台湾 北投温泉にて
▲台湾 北投温泉にて
機中より富士山を望む
▲機中より富士山を望む
全国市議会議長会研究フォーラム@
▲全国市議会議長会研究フォーラム@
全国市議会議長会研究フォーラムA
▲全国市議会議長会研究フォーラムA
渓流の駅 おいらせ
▲渓流の駅 おいらせ
奥入瀬渓流
▲奥入瀬渓流
奥入瀬渓流の滝
▲奥入瀬渓流の滝
青森 弘前城
▲青森 弘前城
弘前城から岩木山を望む
▲弘前城から岩木山を望む
弘前ねぶた村
▲弘前ねぶた村
小富士保育園運動会
▲小富士保育園運動会
三津水産市場の壁画制作@
▲三津水産市場の壁画制作@
三津水産市場の壁画制作A
▲三津水産市場の壁画制作A

1日の午前9時50分から松山市総合コミュニティセンターで開催された四国市役所職員卓球大会開会式に出席。野志市長も出席していただいた。少しの時間試合も観戦した。私が参加していた時に比べ非常に参加人数が減り寂しいなと感じた。
午前11時からは、愛媛縣護國神社で開催された愛媛県隊友会慰霊祭に出席。関係者が戦没者や殉職自衛官、自衛隊OB物故者の慰霊を行った。終了後には直会(なおらい)も行われた。
午後3時からは、松山市子規記念博物館で開催された「瀬戸内・松山」構想シンポジウムに参加。パネルディスカッションが行われ野志市長や四国旅客鉄道(株)社長や石崎汽船(株)の一色社長等がパネリストとなり新し旅行商品となる宮島、呉、松山を結ぶ「瀬戸内はいくるーず」の誕生について、また、その構想について熱く語った。終了後は、ホテル椿館で意見交換会が行われた。意見交換会終了後は、ホテルJALシティで開催されていた四国市役所職員卓球大会懇親会に市長をお誘いし、二人で一緒に参加した。市長の飛び入り参加に他市職員も喜び大いに盛り上がった。

2日、午前11時からは、陸上自衛隊松山駐屯地において創立56周年記念式典が行われ、自衛隊関係者、国会議員、県議会議員、市議会議員等とともに出席した。東北大震災のため規模は、大幅縮小での開催となった。また、愛媛県防衛協会主催の記念会食も行われた。終了後は、松山市堀之内の城山公園で開催された大神輿総練を見学。名古屋おもてなし武将隊や琉球國祭り太鼓、水軍太鼓などの出し物や女神輿も参加し神輿の鉢合わせや宇和島牛鬼も登場してはなやかな総練となった。

4日、午前9時20分から松山維新の会定例会。9月議会の総括、平成24年度予算、事業要望について、全国市議会議長会フォーラム・青森視察、今後の勉強会の進め方等について協議を行った。
定例会終了後、午前10時から勉強会を開催。平成22年度決算概要について理財部、公営企業局、下水道部のそれぞれの担当から平成22年度決算について説明を受けた。健全な財務体質と計画的な市債発行が行われている。

6日は、午前10時から三津厳島神社秋季大祭式が行われ神社総代や三津、古三津の南北の取締役や関係者とともに参列した。玉ぐしを捧げ盛大に神事を行った。終了後は、社務所にて直会にも出席。
午後6時30分からは、ホテルJALシティ松山で開催の松山城東ライオンズクラブ理事会に出席。終了後、三津厳島神社の子ども神輿宮出しに向かったが残念ながら全ての子ども神輿は宮出しを終え各町内に戻った。

7日は、夜中の午前0時30分に三津厳島神社で虎舞を見学した後、勇壮な宮出し、神輿の鉢合わせ(計4回)を見学。午前3時過ぎに自宅に戻ってきた。午後5時には、町内会で集合し軽く飲食をしながら午後6時から神輿を担いで町内を巡町。町内で担ぐ人が少なく、神輿守りに手伝ってもらい何とか町内を一周。短い距離だが疲れる。終了後は、簡単に打ち上げ。午後8時に三津厳島神社の宮入りを見て帰宅。神輿一色の1日であった。

8日は、午前8時55分に松山空港を発ち、午前9時50分福岡空港に到着。午後0時20分に福岡空港を出発し台湾へ向かった。台湾中正空港には、午後1時40分に到着。入国手続きの後専用車で忠烈祠に参拝し献花。台北駅に隣接の台北天成大飯店(コスモスホテル)にチェックイン。3日間ともこのホテルに宿泊。午後6時からは欣葉レストランで台湾料理の夕食。

9日は、午前8時に専用車でホテルを出発し台北市内を観光。龍山寺、中正記念堂、総統府(車窓)を見学後、台湾ウーロン茶セミナーを体験。昼食は、円山大飯店金龍丁で飲茶料理。昼食後は、時間をたっぷりとり故宮博物館を見学。夕食は、午後6時から錦華楼レストランで上海料理の夕食。

10日は、午前9時に専用車でホテルを出発し国慶節パレード会場総統府前へ向かい、パレードに参列。昼食は自由行動となり人気の飲茶料理店と回転ずしで軽くすませた。
午後4時からは台北賓館(日本統治時代の旧台湾総督官邸)の祝賀パーティーに出席。午後6時に祝賀パーティー終了後は、議員だけで北投温泉の熱海ホテルに移動。台北市議や北投温泉関係者、松山区長らと懇談。11月に台湾を訪問予定の市長・議長一行のことやその際の松山の神輿について様々に意見交換した。

11日は、早朝午前5時30分にホテルを出発し桃園国際空港に午前6時10分到着。午前8時30分発、午後0時10分着で福岡空港へ戻る。福岡空港を午後2時40分に出発し、午後3時35分に松山空港に帰着した。さすがに疲れた。

12日は、昨日帰ったばっかりだったが、午前8時に松山空港を出発し、午前9時25分に羽田空港に到着。羽田空港を午前10時10分に出発し午前11時25分に青森空港に到着。ジャンボタクシーで宿泊予定のホテルに向い昼食後、直ちに第6回全国市議会議長会研究フォーラム in 青森に出席のため青森市文化会館に向かった。午後1時30分から午後5時まで
来年は、松山市でフォーラムを開催することが決まっていて、松山市議会議長とともに参加した松山市議も法被と幟りを掲げ全員ステージに上がり来年の開催をアピールした。

13日は、午前8時30分にホテルを出発。午前9時から午前11時まで昨日に引き続き第6回全国市議会議長会研究フォーラム in 青森に出席。フォーラム終了後は、松山維新の会の視察で十和田市の奥入瀬渓流のグリーンツーリズムを体験。十和田市職員とガイドの案内で奥入瀬渓流を約1時間ウォーキングを体験した。素晴らしい景観と整備された遊歩道は、本当にすばらしい。終了後は、弘前市に移動し宿泊。

14日は、午前8時30分にホテルを出発。午前中は、弘前城や津軽藩ねぶた村を視察し青森市へ戻る。午後0時20分に青森空港を出発し午後1時35分に羽田空港に到着。飛行機が遅れ羽田空港を午後3時50分ごろに出発し午後5時10分ごろ松山空港に戻って来た。8日から14日までずっと出張のため出ずっぱりで本当に疲れた。

15日午前9時より地元三津浜の小富士保育園運動会に出席。昨日からの雨で天気が心配であったが無事に開催された。園児の入場行進の後で来賓挨拶をさせていただいた。園長の心遣いに感謝である。一種目だけ障害物競争(パン食い)に参加。終了後は、松山市水産市場の「三津の水産市場の正門横壁に魚の絵を描こう!」のイベントで絵を描いている三津浜幼稚園児、三津浜小・中学校等の生徒たちや絵の様子を見学した。殺風景だったコンクリートむき出しの入口がカラフルで温かい感じになった。

16日は、松山市総合コミュニティセンターで開催中の小惑星探査機「はやぶさ」カプセル展示会を見学。宇宙から帰還した実物のパラシュート等も展示されていた。ロマンと日本の技術力の高さに改めて驚嘆した。元同僚に案内してもらいありがたかった。

18日は、午前10時30分から三津浜地区敬老会に出席。三津浜地区の高齢者の長寿を祝った。地元三津浜地区は、松山市でも特に独居老人が多く高齢化率の高い地域である。高齢者や障害者にやさしいまちを目指さなければならない。

19日は、午後1時から議会運営委員会が開催され、12月議会日程について協議した。詳細は、委員会報告で述べる。

20日は、午後0時15分から松山城東ライオンズクラブ例会に出席。今回は、スポンサークラブの松山湯築ライオンズクラブとの合同例会でにぎやかな例会となった。終了後は、北朝鮮による拉致問題を考える愛媛県民会議(救う会愛媛)幹事会に出席。今年度の終了した活動や今後の活動予定等について協議した。相手が北朝鮮ということもあり中々突破口を見いだせないが本当に家族の方々のお気持ちを考えるいたたまれない。

21日は、午前11時から三津水産市場で開催された『一嘗三嘆・子規が愛した瀬戸の鯛づくし料理』の復活・試食会に出席。地元三津浜婦人会、愛媛県すし商生活衛生同業組合(すし徳)、道後温泉(ふなや)、愛媛調理製菓専門学校の協力で鯛寿し(押し寿司)・松山鮓(鯛ヅケ)・鯛のなます・鯛の洗い(柚味噌)・鯛の潮汁の5品の試作品を調理してもらい1品ずつ試食をし料理に関するコメントを述べた。どの料理も概ね好評であった。私は、三津浜婦人会調理の松山鮓(鯛ヅケ)について「地元のイベント等でいつも食しており本日の出来栄えは、最高である。市長のトップセールスにより全国に売り込んで知名度アップに努めてほしいと」とコメントした。
午後5時30分からは、22日から堀之内公園で開催されるえひめ・まつやま産業まつり「すごいもの博 2011 松山」の前夜祭に出席。土砂降りの雨であったが明日の天気の回復と成功を祈り関係者で祝杯をあげた。

22日は、午前9時半からえひめ・まつやま産業まつり「すごいもの博 2011 松山」のオープニングセレモニー出席。昨晩の大雨の影響で蒸し暑かったが、雨も上がりひと安心であった。樹齢900年「樹根太鼓」の演奏やもちまきも行われた。約330店が出店し西日本でも最大規模のイベントとなった。

23日は、午前9時半から松山中央公園で開催のフリーマーケットに松山城東ライオンズクラブとして出店。午後2時まで会員が拠出した商品を販売した。売り上げは、活動資金の一部として活用する。来月は、堀之内公園の旧テニスコート場での開催にも出店する予定である。

24日は、午前10時から三津浜地区地域保健推進協力会「いっしょに歩きませんか」に参加。準備運動の後、三津浜地区の高齢者の方々と健康ウォーキングで三津浜公民館を出発し水産市場を経由し三津の渡しを使い梅津寺に向かう。梅津寺パークで、愛媛FCの練習を見学。練習場にも入らせてもらった。帰りも同じルートで歩いて戻る。いい運動になった。
午後4時からは、松山維新の会の打ち合わせ市長への会派の予算要望の最終のチェックをし午後4時40分から市長へ要望書を提出し、併せて意見交換を行った。終了後は、懇親会を行った。

25日は、午前10時から平成22年度決算産業経済分科会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。
午後7時からは、久しぶりに平成船手組の例会に出席。11月に行われる三津の活性化事業等について話し合われた。

 28日は、午前10時から地域主権検討特別委員会 広域的課題・市民参加型調査研究グループの第11回ワーキングが開催された。詳細は、委員会報告で述べる。

30日は、午前11時30分から小雨交じりの中、三津浜小学校PTAバザーに行き、うどんといなり寿司を食べ少しではあるが売り上げに貢献した。午後4時30分からは、日本会議愛媛県松山城北支部の総会に出席。総会後は、元海上保安官 一色正春氏の講演会「日本の危機と私達の覚悟」も行われた。一色氏を囲んで懇談会も行い日本の外交姿勢について意見交換した。

31日は、午前9時20分から松山維新の会定例会。午前10時から決算特別委員会。詳細は、委員会報告で述べる。
午後0時から内外ニュース10月懇談会に出席し元内外ニュース会長・政治評論家。清宮 龍氏の講演「野田政権で日本は再生できるのか」を聞き、終了後、三津浜公民館の保護司研修会に出席した。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年9月

青年海外協力隊並びに関係者副知事表敬
▲青年海外協力隊並びに関係者副知事表敬
三津浜小学校運動会(開会式)
▲三津浜小学校運動会(開会式)
三津浜小学校運動会(騎馬戦)@
▲三津浜小学校運動会(騎馬戦)@
三津浜小学校運動会(騎馬戦)A
▲三津浜小学校運動会(騎馬戦)A
三津浜小学校運動会(低学年ダンス)
▲三津浜小学校運動会(低学年ダンス)
野志市長に古佐小基史氏のCDを贈呈
▲野志市長に古佐小基史氏のCDを贈呈
野志市長に説明
▲野志市長に説明
愛媛県市議会観光振興議員連盟(開明学)
▲愛媛県市議会観光振興議員連盟(開明学)
愛媛県市議会観光振興議員連盟(講演会)@
▲愛媛県市議会観光振興議員連盟(講演会)@
愛媛県市議会観光振興議員連盟(講演会)A
▲愛媛県市議会観光振興議員連盟(講演会)A
愛媛県市議会観光振興議員連盟研修
▲愛媛県市議会観光振興議員連盟研修

1日、午前9時30分から議会運営委員会を開催し、午前10時から9月議会が開会した。議会終了後には、松山市発注工事解明調査特別委員会がそれぞれ開催された。詳細は、委員会報告、議会報告で述べる。午後4時からは、愛媛県議会会派維新の会と西予市議会会派清風会との合同での意見交換会。
 午後7時からは、中村知事、野志市長も合流し、にぎやかな懇談会となった。

 2日は、午前10時から地域主権検討特別委員会 広域的課題・市民参加型調査研究グループの第10回ワーキングが開催された。詳細は、委員会報告で述べる。
午後6時30分からは、平成23年度温山会松山支部総会第2回実施委員会に卓球部OB会代表として出席。東北地方大震災の影響から毎年5月に行われていた温山会・松山支部合同での総会が中止となり29日に松山支部単独での開催が決定しており、式次第や司会者、アトラクション等について最終の確認を行った。

 3日の、三津浜グルメシティ シーフードバーべキュー「食べにこん会」は、台風のために中止。

5日は、愛媛県倫理法人会平成23年度役員辞令交付式に出席。今年度も昨年度同様、松山市中央倫理法人会監査の役員辞令の交付を受けた。県下各単会の役員等もそれぞれ交付を受けた。

6日は、午後6時30分から松山市中央倫理法人会ナイトセミナーと終了後の懇親会に参加した。

7日と8日は、9月議会代表質問が行われた。詳細は、議会報告で述べる。

8日は、午後7時から愛媛県青年海外協力隊を育てる会運営委員会がに出席。昨今の経済状況を反映し減少傾向にある会員数の歯止めと会員拡大について意見交換した。

9日は、9月議会一般質問が行われた。詳細は、議会報告で述べる。終了後には、福祉関連の事業者が開催した第2回えひめ福祉博2011を見学。様々な福祉関連商品等の展示が行われており商品等についての説明も受けた。

10日は、青年海外協力隊マラウイOB・OGによるマラウイ共和国 HIV(エイズ)孤児支援講演会に参加。青年海外協力隊OB・OGが講演会とシンポジウムを行い約60人の観客が熱心にマラウイの状況について聞き入った。終了後は、三津浜に戻り最終回を迎えた三津浜グルメシティ シーフードバーべキュー「食べにこん会」を少しのぞき、午後6時30分からの愛媛県隊友会松山城西支部総会・懇親会に出席した。

12日は、午前9時40分から議会運営委員会が開催された。詳細は委員会報告で述べる。議会は、定刻の午前10日に開会し一般質問が行われた。詳細は、議会報告で述べる。

13日は、9月議会一般質問が行われた。詳細は、議会報告で述べる。13日で質問戦は終了し、各常任委員会に議案等の審査が付託された。また本会議終了後には、平成22年度決算特別委員会が開催された。詳細は、委員会報告で述べる。午後4時からは、日本会議愛媛県本部松山城北支部役員会に出席。本年度の総会日程等について話し合いを行った。午後7時からは、松山港まつり三津浜花火大会の慰労会が三津浜公民館で行われ関係者が集まった。

14日は、午後0時15分から松山城東ライオンズクラブ例会に出席。午後1時30分からは、青年海外協力隊平成23年度2次隊愛媛県出身者が愛媛県庁を表敬訪問。中村知事は、急な公務のため高浜副知事との面談であった。愛媛県青年海外協力協会(OB会)副会長と愛媛県青年海外協力隊を育てる会運営委員の両方の立場で同行した。夜には、出発隊員を囲んで壮行会も実施された。

15日、夜8時から久しぶりに大学時代の先輩と卓球練習を行った。

 16日午前10時からは、産業経済委員会。詳細は、委員会報告で述べる。午後6時からは、産業経済委員会委員有志で意見交換会。生憎の大雨だったが今回は、産業経済部がかかわっている花園町フードストリートでの意見交換会となった。

17日は、1年ぶりとなる中島粟井敬老会に出席。冒頭のあいさつで松山市政のことについて少しではあったが報告させていただいた。

18日は、雨で中止も心配されたが三津浜中学校体育大会に出席。午前中の種目だけ観戦した。

20日、中島郷土会夏期親睦会が開催された。旧中島町出身で松山市内に住んでいる人たちが旧交を温めた。

21日は、午前6時30分から松山全日空ホテルで開催された松山市中央倫理法人会モーニングセミナーに出席。私が講師をお願いした野志市長が講演を行った。セミナー終了後は、野志市長も同席し、朝食会も行われた。午前11時からは、松山維新の会で10日におきた松山市職員逮捕事件について再発防止の徹底に関する要望書提出について話し合いがもたれた。午後1時から再発防止を松山維新の会として市長に申し入れを行った。

22日は、午前9時30分から議会運営委員会。定刻の午前10時から本会議が行われた。議会終了後は、地域主権検討特別委員会。詳細は、それぞれ委員会報告並びに議会報告で述べる。

23日は午前9時から愛媛県卓球選手権開会式に出席。午前10時30分からは、丸山陸軍墓地慰霊祭に出席。今年は、愛媛縣護國神社小川宮司が祭礼を行い、私も玉串による拝礼を行った。

24日は、午前9時から三津浜小学校運動会を午前中の部のみ観戦。

27日は、午後0時から内外ニュース懇話会に出席。午後4時15分から松山城東ライオンズのメンバーやジャズハープ奏者 古佐小基史氏と野志市長を表敬。松山市内の小・中学校で活用してもらうため100枚以上の古佐小基史氏のCDを本人から直接市長に贈呈していただいた。話も弾み和やかな雰囲気の面談であった。午後7時からは、松山経済研究会人財育成委員会に出席。この委員会は、松山市の観光に役立てるため市内に点在している句碑のマップを民間主導で作成しようとしており、活発な会である。

28日は、午後0時15分から松山城東ライオンズクラブ例会に出席。

29日は、午前9時に市役所を出発。愛媛県市議会観光振興議員連盟広域観光推進研修会に参加のため西予市宇和町の愛媛県歴史文化博物館に向かった。
午前11時に開講。愛媛県市議会観光振興議員連盟会長あいさつの後、以下の内容で講演が行われた。
西予市の文化を活かした取り組み
@「地質遺産を活かした取り組み(ジオパーク構想)」
講師:西予市 商工観光課    林 敬次 観光振興係長
A「遺跡を活かした里づくり(古代ロマンの里構想)」
講師:西予市 文化体育振興課  高木 邦宏 専門員
講演終了後には、愛媛県市議会観光振興議員連盟広域観光推進研修会開催市の西予市議会議長があいさつし、午前中は終了。昼食の後、宇和文化の里(重伝建地区内)現地研修を行い、3班に分かれ、交互に体験授業及び施設見学を実施した。開明学校では明治時代の授業を体験、民具館、町並み、先哲記念館も見学した。古い町並みが残る風情のある町である。
午後3時に終了後、順次解散し午後5時に松山市役所に帰着。午後6時からは、例年5月に温山会本部と合同で行っていた温山会松山支部総会に出席。3月11日の大震災で合同の総会は中止となり松山支部単独での開催となった。

 30日は、午後0時50分から産業経済委員会を開催し、旧中島町を視察。詳細は、委員会報告で述べる。午後7時30分からは、三津浜地区まちづくり協議会に出席。議題として水産市場の正面壁画に絵を描こう、8月30日に行われた野志市長の三津浜タウンミーティング実施報告、三津浜地区まちづくり事業計画書作成。大可賀公園管理(清掃)等について話し合われた。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年8月

道後村まつり湯釜薬師祭
▲道後村まつり湯釜薬師祭
道後温泉本館
▲道後温泉本館
道後温泉誇れるまちづくり推進協議会
▲道後温泉誇れるまちづくり推進協議会
三津浜タウンミーティング@
▲三津浜タウンミーティング@
三津浜タウンミーティングA
▲三津浜タウンミーティングA
三津浜タウンミーティングB
▲三津浜タウンミーティングB

1日は、午前9時30分から道後村まつり開催に伴う祭礼(一遍上人ゆかりの湯釜薬師祭)が道後公園北口湯釜薬師前において執り行われ、松山市議会産業経済委員会委員として出席した。住職が読経を唱え、関係者が焼香した。午後4時45分からは、愛媛県内で16番目の単会となる砥部倫理法人会設立式典・1,817社達成記念祝賀会に出席した。愛媛県倫理法人会は、56社で昭和62年に設立され1,817社となった。本当にすごい普及数である。

2日は、午前10時から広域的課題・市民参加型調査研究グループのワーキングが行われた。午後3時15分からは、神道青年四国地区協議会研修会に参加。基調講演 第1講 勝岡寛次氏による演題「教育勅語・教育基本法改正から見た教科書問題」と基調講演 第2講 大津寄章三氏による演題「子供たちに誇りある日本の歴史を伝えるために」では、「日本の未来」〜教育のあり方を考え、今こそ原点に返る〜を趣旨とした素晴らしい話が聞けた。

3日は、午後3時30分から松山保護司会による社会を明るくする運動についての意見交換会が行なわれた。7月1日に行われた第61回“社明運動”についてパレードや活動の反省点、来年62回の運動に向けての取り組みについて担当保護司らが意見交換した。

4日は、午後1時から維新フォーラムの打ち合わせ。チケット販売や式次第、会場設営、役割分担等について最終確認を行った。

5日は、午前11時から愛媛県議会会議室において21世紀県政研究会に参加。
夜6時からは、砥部町において開催された第5回ふる里盆踊り大会 in 砥部を視察。びっくりするくらい盛大な盆踊りイベントであった。できれば三津浜においても開催したいものである。

6日は、午前9時からは、三津浜花火大会の準備を夕方まで手伝った。1日中花火会場にいたが本当に暑くて大変である。三津浜を盛り上げるため、こうしたボランティア活動は本当に大切である。

7日は、午前10時から恵美須神社において第61回松山港まつり「港湾感謝祭・海上安全祈願祭」に出席。終了後は、三津浜花火大会の準備。午後1時からは、松山市地域交流センター(三津支所)開所式に出席。野志市長や議長も出席し水軍太鼓やこども虎舞のアトラクションも行われ、華やかな開所式となった。いよいよ明日から新しいこの施設で支所業務がスタートする。終了後は、また三津浜花火大会の準備に戻り、本番の花火大会を迎えた。花火大会は、産業経済委員会委員として知事、市長らとともに招待席で鑑賞した。今年の花火も素晴らしかった。花火終了後は、後かたずけを夜中まで手伝った。長い1日であった。

8日は、午後0時30分から維新フォーラムの準備等に取りかかった。夜6時からは、維新フォーラム in 松山に出席。松山維新の会のこの1年間の活動紹介、中村愛媛県知事と橋下大阪府知事、野志松山市長によるフォーラムや、大阪維新の会松井幹事長の挨拶等があった。その後の祝賀会も約1000人の方々にご来場いただいき大変ありがたかった。

9日は、午後1時から産業経済委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。

10日は、午後6時30分から松山城東ライオンズクラブ納涼例会。本日は、菅武廣四国地区ガバナーはじめキャビネット幹事並びに幹事をお迎えし、賑やかな例会となった。

11日午前10時ごろ簡易書留で自民党愛媛県連より除名処分の文書が届いた。午前11時30分から松山市中央倫理法人会役員会に出席。午後3時からは、教科書採択のための教育委員会定例会を傍聴。歴史と公民の教科書については残念ながら育鵬社版は、不採択となった。各学校の意見と採択委員会の調査部会からの答申通りの採択であり教育委員独自の意見があまり述べられず、残念な結果であった。もっと、踏み込んで各教育委員の意見を集約し各学校の意見や採択委員会の調査部会の意見に左右されることなく採択をしてもらいたかった。
午後6時からは、愛媛平成市議の会平成23年度第2回幹事会を開催。今年度2回目の研修会について話し合いの結果11月に「防災U」のテーマで西条市において開催することとなった。終了後は、産業経済委員として松山まつりの野球サンバを観覧。大人数の連は、迫力満点であった。

12日は、午後4時に集合し例年通り松山まつりの野球拳踊り無審査の部に参加。松山市議会観光振興議員連盟のメンバーである松山市議会議員と議会事務局職員及び日台女子硬式野球交流試合のため来松した女子野球台湾チームと全日本女子野球チーム、マドンナ松山も加わり総勢約80人で連を構成して祭りを盛り上げた。気分爽快であった。
終了後には、市長、議長、副議長らと打ち上げを行い祝杯をあげた。

14日は、松山西高同窓会に出席。毎年8月の第2土曜日と決めていた日程を昨年の総会の際に変更し毎年8月14日と決定したことからこの日となった。1期生の参加者が一番多く21人の出席があり、ほとんどのメンバーが2次会にも参加した。高校卒業以来初めて会うメンバーもおり非常に懐かしく楽しい宴であった。

15日は、愛媛縣護國神社終戦記念日祭に参列。遺族や関係者が先の大戦で散華された英霊の供養と感謝をささげた。

17日は、午前10時から松山維新の会会議。8日に行われた維新フォーラムの反省や収支、後始末等について協議した。おおむね良かったとの意見であり今後は、2年に1度のペースで行うことで合意した。その後9月議会の質問、会派視察研修について今後の予定について話し合った。すべて終了後には、10日付で除名となった9名の自民党籍を持った議員で話し合い異議申し立てはしないということで一致した。

18日は、松温会8月例会に参加。松山大学教授からITや情報関係の講義を聴いた。

20日は、午前8時30分から松山城東ライオンズクラブの松山城登城道清掃に参加。生憎天気も悪く参加者も3名だけであった。来月は、大勢の参加をお願いしたい。午後3時からは、三津浜グルメシティ シーフードバーべキューの手伝いに参加。後かたずけもし午後9時に終了。

22日は、午後0時から9月議会の予算折衝。市長、副市長、総務部長、総合政策部長、理財部長以下議会担当の職員、秘書課長等が出席し松山維新の会の全議員(議長を除く)に対し補正予算を含む議案等の編成方針や主な事業の説明が行われた。議案等は、認定案2件、承認案2件、予算案3件、条例案5件、事件案9件、人事案2件の計23件と報告6件について説明がなされた。補正予算額(案)は、一般会計24億8,520万1千円、特別会計1億4,233万4千円である。午後1時からは、松山維新の会による地域主権検討特別委員会各ワーキングの進捗状況について29日予定されている特別委員会での報告、審議事項について説明を行った。詳細は、議会報告と委員会報告で述べる。夜7時からは、愛媛県青年海外協力隊を育てる会総会の慰労会に出席。

23日は、午後7時から平成船手組例会で三津浜花火大会の反省会。様々な問題点や改善点、良かった点などメンバーがそれぞれ意見発表した。

24日は、午後0時15分から松山城東ライオンズクラブ第2例会。ライオンズクラブ国際協会1R−2Z芳我チェアパーソンを迎えての例会訪問となった。
夜18時からは、さくら会暑気払いに参加。さくら会への出席は、今年初めてである。

25日は、午前10時から議会運営委員会に出席。午後1時の平成23年第3回定例会(9月議会)議案等各会派説明会は、市長、副市長、総務部長、総合政策部長、秘書課長等の出席はなく、22日に行われた予算折衝の内容を理財部が全議員に説明し、特に質問もなく終了した。

理財部財政課による全議員を対象とした各会派9月議会議案等説明会が開催された。詳細は、委員会報告と議会報告で述べる。

26日は、来年4月開催のライオンズクラブ地区年次大会の駐車場の打ち合わせ、夜には、奥道後ホテルでの隊友会納涼親睦会に参加。自衛隊OBや現役自衛官も含め80人を超えるにぎやかな会となった。

27日は、早朝7時から三津朝市夏の拡大イベントに参加。まず三津保護司会として社会を明るくする運動用品を配布し更生保護の啓発を行い、終了後は、11時まで平成船手組の餅つき(杵と臼を使用)に参加。毎回来場者につきたてを配布し大好評である。しかし餅つきは暑い中、体力的に本当にきつい。
今日の三津浜グルメシティ シーフードバーべキューには、中村知事が来ることから対応をお任せし
午後4時30分からのライオンズクラブがバナー諮問委員会に出席。懇親会を中座し三津浜に戻った。三津浜珍おどりのイベントで盛り上がっており知事も満足していた様子を聞き安堵した。夜遅くには、知事本人から連絡までいただいた。

28日は、第66回国民体育大会四国地区卓球大会(団体戦)が松山市総合コミュニセンターで開催され、応援かたがた試合を観戦した。成年男子、少年男子、少年女子とも非常によく健闘し他3県の代表と堂々と戦い各クラスとも2位となった。残念ながら少年女子は、四国からの代表は1チームということで全国大会出場は、ならなかったが成年男子、少年男子と四国予選がなかった成年女子の3チームが全国大会出場となった。活躍を祈る。

29日は、午前10時から地域主権検討特別委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。午後5時30分からは、維新フォーラムの慰労会を開催。2次会は、青年海外協力隊OBと合流し3次会まで付き合った。

30日は、午前9時から松山維新の会勉強会。道後温泉誇れるまちづくり推進協議会 宮崎光彦会長が「道後まちづくりと観光の活性化」をテーマに説明をおこなった。道後温泉の成り立ちや観光客の推移、ファサードの取り組みや現在の状況、道後温泉本館の改修や
夜7時からは、三津浜の松山市地域交流センターで約80人の住民が参加し、タウンミーティングが行われた。冒頭、野志市長が挨拶し、三津浜自慢や市に対する要望を地域住民が行い、三津の朝市や防災、公園の使用方法等について地域の課題を直接市長に訴えた。即断できることは、すぐに答えてもらい、検討事項は持ち帰って後日回答することとなった。記念撮影をして約1時間30分で終了した。

▲ページtopへ

若江 進便り/平成23年7月

暑中お見舞い申し上げます。
日頃は、力強いご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。
さて、6月議会において、松山市発注工事解明調査特別委員に選任されました。
新聞やテレビで証言している人たちは、自分の名前や顔を伏せ、さまざまな方々の名前を口外し、特別委員会においても顔は、映さない、名前は出さないということを条件に参考人招致に応じました。
また、参考人は、元市職員から名誉毀損で告訴されていることから、公開では、質問や答弁に限界が生じる恐れがあり、秘密会としました。臭い物には蓋をするようなことがないよう疑惑解明に努めていますが、証言のみで決定的な証拠もない中、疑惑解明は、非常に困難であり司法の場において決着をつけるのが一番と思います。
ところで、「松山維新の会」が発足し1年以上が経過したのを機に、さらなる会派発展のため7月12日に政治団体の届出をいたしました。活動の幅を広げ今後も皆様のご意見に耳を傾け、故郷のため頑張りますので今後ともご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
なお、ご意見、ご要望等がございましたら、下記までご連絡下さい。
まだまだ、暑い日が続きますが、どうか健やかにお過ごし下さい。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年7月

大声大会 和気公民館館長挨拶
▲大声大会 和気公民館館長挨拶
開会式の出場者たち
▲開会式の出場者たち
大声大会@
▲大声大会@
大声大会A
▲大声大会A
大声大会B
▲大声大会B

1日は、午前9時30分から議会運営委員会、午前10時から本会議が開催された。本会議終了後には、地域主権検討特別委員会が開催された。詳細は、先月の委員会報告並びに議会報告で述べた。委員会も含め午後5時30分ごろ終了した。長い1日であった。

2日は、愛媛地球市民の会フォーラム・ホームステイの打ち合わせ。フォーラムのスケジュールや役割分担、韓国参加のホームステイ先の振り分け等を行った。今回のテーマは、防災である。

3日は、午前10時から伊予市のしおさい公園体育館で開催の賢友流空手道真誠館競技大会開会式に出席し祝辞を述べた。協議は、幼児や小学生等の型の演技を見たが、優勝者等は、きびきびと切れのいい演技を行い素晴らしかった。
午後5時30分からは、野志後援会主催の暑気払いに出席。昨年の市長選の支援者や選挙スタッフ等150名程度が集まり旧交を温め、野志市長の支援をあらためて誓いあった。
午後8時からは、県・市卓球協会主催の(株)タマス[バタフライ]による卓球教室後の懇親会にも合流した。(株)タマスとプロ契約しているゴルベル(チェコ)、高木、大矢の各選手も参加し和やかな楽しい会であった。

4日は、午後に山内教育長に面会。夜は、どしゃ降りの雨の中、愛媛県青年海外協力隊を育てる会運営委員会に出席。27日に予定している総会で諮る議案等について打合わせを行った。

5日は、午前9時10分から松山維新の会定例会を実施。8月に予定している維新の会の結成1周年のイベントや来月の定例会、勉強会についてや6日に来松する予定のうつのみや維新の会との意見交換会や知事表敬と市長表敬等について打ち合わせ。終了後は、勉強会を実施した。
勉強会の内容は、松山市職員倫理条例及び松山市職員倫理規則並びに本年4月から施行した松山市暴力団排除条例について総務部人事課から概要説明を受けた。細かな規定や、暴力団排除条例の道後多幸町での罰則規定などの詳しい説明を受けた。職員倫理については、かなり厳しい内容であると感じた。
午後2時からは、6日行われる広域的課題・市民参加型調査研究グループのワーキングの事務局との打合せ。日韓友好交流フォーラム実行委員長と担当参与への協力依頼を行った。

6日は、広域的課題・市民参加型調査研究グループのワーキングが行われた。詳細は、委員会報告で述べる。終了後、来松中のうつのみや維新の会の10人の市議との意見交換会に出席。設立経緯や6月議会の状況について同じような構図であることなど意見交換を行った。
その後、松山維新の会とうつのみや維新の会で野志市長と中村知事を表敬訪問した。
夜には、知事、市長も出席しての懇談会に参加した。大いに盛り上がった。

8日は、夜7時からは、三津浜中学校の町別の懇談会に出席。夏休みを控えて、学校・家庭・地域の三者が子どもたちの健全育成に向けて情報交換や意見交換を行った。学校からは、学校や生徒の様子、夏休みを含めて気をつけて欲しいことなどが生徒指導主事から述べられた。その他、携帯電話をめぐる問題や町別ごとに地域や家庭での様子、地域や家庭でできることや気をつけたいことなど幅広く意見交換した。

9日は、午後1時から市駅前において恒例の拉致問題啓発署名活動に参加。拉致問題を強くアピール。終了後、地元に戻りみつはまグルメシティ シーフードバーべキュー「食べにこん会」の準備を手伝い、終了後、愛媛企業家交流研究会に出席。旧市内と地元を行ったりきたりである。

10日は、恵美須神社(三津)夏祭り祭典と餅まきに出席し神社で2回餅まきを行い、あわせてカラオケ大会の審査員も務めた。市外からも含め20人が参加し熱唱した。

12日は、午前11時30分から日本会議愛媛県本部女性部会の松山市議会議長訪問に同行した。午後1時からは、松山維新の会の政治団体の届け出のプレス発表を行った。われわれ自民党籍を持つ議員に対する自民党県連の関係等について質問が集中した。

13日は、午前10時から松山市発注工事解明調査特別委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。

14日は、午前中、車を車検に出し、午後4時から薬物撲滅運動である平成23年度「ダメ ゼッタイ」普及運動街頭パレードに参加。一番町の大街道入口から松山市駅前までライオンズクラブのメンバーとして関係者とパレードした。
夜7時からは、松山市民会館でみかん一座ミュージカル「この街で」を鑑賞。同じ倫理法人会に所属しているメンバーやNHK朝のテレビ小説「鳩子の海」に出演していた斉藤こず恵さんや女優の丸山ひでみさん、シンガーソングライターの宇佐元恭一氏等も友情出演し大いに盛り上がった。

15日は、午前9時から産業経済委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。午後6時からは、熱笑会という福祉関係者の勉強会で「ことばが、日本を元気にする」と題する山内敏功松山市ことばのちから委員会委員長でデザイン協会会長の講演を聞いた。その後、三津浜中学と松山西高校の同級生で卒業以来の再開となる同級生が来松したので高校の同級生有志で懇親会を持った。気の置けない同級生というものは本当にいいものである。酒を酌み交わしても楽しい。

16日は、午前8時30分から松山城登城道の清掃。朝から非常に暑い。午後からは、みつはまグルメシティ シーフードバーべキュー「食べにこん会」の準備。そして夕方から松山西部地域開発協議会の総会に出席。終了後は、シーフードバーべキューを楽しんだ。

17日は、午前8時30分から松山市総合コミュニティーセンターで開催の松山市長杯卓球大会の開会式に出席。野志市長が姉妹都市締結30周年のため、サクラメント市のため稲葉副市長が市長あいさつを代読。10時には、三津厳島神社の十七夜祭の神事に出席のため三津浜に戻る。神事の後は、宮司や神社総代と直会(なおらい)に参加した。終了後は、また松山市総合コミュニティーセンターの市長杯卓球大会に戻った。夜7時からは、10日の恵美須神社(三津)のカラオケ大会に続き2回目のカラオケ大会の審査員を務める。何十人もの歌を聴きながら審査をするのは、非常に疲れる。

18日は、和気公民館や自治会等の共催である『大声大会(防災訓練)』に出席。和気公民館分館や自治会、各地区から多くの住民が参加をし、子どもの部、高齢者の部、大人の部それぞれペアで挑戦し「津波だあ にげろ」などと叫び大声を競い合った。私も挑戦したが100デシベルに届かず情けない結果であった。今回は、東日本大震災後ということもあり防災訓練に有効な言葉「火事だ、にげろ」などの言葉が多かった。優勝者は114デシベルを超える大声を張り上げていた。

19日は、午前10時から議会運営委員会が開催される。詳細は、委員会報告で述べる。委員会終了後は、維新フォーラムの打ち合わせ。

21日は、12時から内外ニュース7月懇談会に出席。元統合幕僚会議議長・陸将の西元徹也氏が「東日本大震災における危機管理 −自衛隊の活動と教訓」と題して講演を行った。午後4時からは、松山維新の会臨時会を開催し維新フォーラムについて話し合った。その後、正・副議長就任の祝賀会を開催した。

22日は、維新フォーラムのチケットの販売のため市内企業を回る。

23日は、午後2時から三津浜シーフードバーべキューの準備。午後7時過ぎ出張帰りの野志市長も松山空港から駆けつけてくれ、バーべキューを囲みながら平成船手組メンバーと懇談してもらった。大いに盛り上がった。

24日は、松山城東ライオンズクラブの献血活動に参加。(株)ハーモニーグリーン松山サロンにおいて当クラブとして初めて献血車をお願いすることができた。女性が多いので、血液の比重の関係等で献血できない方もおり予定の70人は、厳しい状況であった。

25日は、午前10時から松山市発注工事解明調査特別委員会が開催された。詳細は、委員会報告で述べる。ただし、今回も前回の秘密会部分に触れる個所について秘密会となり詳細等は、述べることができず申し訳なく思う。
午後2時からは、松山維新の会の自民党籍を持つ議員が集まり、自民党愛媛県連の対応について協議した。自民党愛媛県連からは、非公式で離党してはどうかとの申し入れがあったが、相談の結果、我々からは、離党せず県連の判断に任せることとした。

26日は、午後1時から愛媛県市議会議員研修会が開催され、防災・危機管理アドバイザー山村武彦氏が「巨大地震で問われる自治体と地域の防災・危機管理」と題し講演を行った。終了後は、愛媛県観光振興議員連盟定期総会がそれぞれ開催され、愛媛県下から多くの市議会議員が松山に参集した。
定期総会終了後は、愛媛県青年海外協力隊を育てる会総会に出席。「愛媛県青年海外協力隊を育てる会によせて」と題する加戸守行前愛媛県知事の感動的な講演と帰国隊員3名によるトークショーが行われた。加戸守行前愛媛県知事には、協力隊事業、隊員、育てる会等、本当にお世話になり感謝申し上げたい。今後も引き続きご支援、ご協力をお願いしたい。その後の懇親会も大いに盛り上った。

27日は、午前9時より愛媛大学南加記念ホールで開催された第17回日韓市民友好交流フォーラムに参加。テーマは「自治体の災難安全管理と市民の役割」についてであり、韓国からも学生や平澤フォーラムのメンバーが多く来松した。元自衛官の松山市消防局災害対策指導監と韓国京畿道松炭消防署地方消防警が様々な事例やそれぞれの組織体制と取り組み等について詳細に現状報告を行った。韓国には、地震はないそうであるが、風水害があり防災については、日本同様に重要課題である。
夜7時からは、三津の住吉神社で行われたカラオケ大会の審査員を務める。7月は、地元で毎年3回審査員を務めている。

28日は、午後1時から日本会議全国キャラバン隊と愛媛県本部のメンバーで尖閣を守る署名活動を実施。マイクを握り街頭で強く訴えた。午後2時30分からライオンズクラブ国際協会青少年交換プログラムで来松中の台湾とフィンランドの大学生と高校生と関係者との野志市長表敬訪問に同行。午後3時からは、維新フォーラムのオープニングに出演してもらう歌手「千桃生 そら」さんと打ち合わせ。4時からは、維新フォーラムの打ち合わせも行った。夜6時からは、野志市長と松山維新の会との意見交換会に出席。市政のみならず様々なことについて有意義な意見交換を行った。

29日は、午前9時から地域主権検討特別委員会リーダー会を開催。詳細は、委員会報告で述べる。夜6時30分からは、道後椿館別館で市政報告会を開催した。

30日は、午前9時から開始の松山卓球選手権の開会式と試合進行等の手伝いのため1日中、松山市総合コミュニティーセンターで過ごす。夕方には、三津浜シーフードバーべキューに参加し、後かたずけを手伝った。

31日も朝8時45分から夕方まで6時まで、松山卓球選手権の試合進行を行い、1日中、松山市総合コミュニティーセンターで過ごした。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年6月

ブラジル愛媛県人会西村相談役夫妻市長表敬
▲ブラジル愛媛県人会西村相談役夫妻市長表敬
青年海外協力隊出発・帰国隊員市長表敬
▲青年海外協力隊出発・帰国隊員市長表敬
青年海外協力隊出発隊員知事表敬
▲青年海外協力隊出発隊員知事表敬

1日、野志市長就任後、初めてとなることから8月7日開催予定の三津浜花火大会の案内をするため松山港まつり振興会会長や平成船手組会長らと野志市長を訪問。三津浜の活性化についても市長から質問があり意見交換した。

3日は、午前10時から議会運営委員会。詳細は、委員会報告で述べる。その後、各派代表者会を受け、11時30分から松山維新の会会議を開催。任期満了の副市長人事案件(稲葉副市長の続投)、特別委員会(松山市総合計画調査特別委員会)と維新の会からの4名の選出、議会推薦委員の選出方法(従来通り)等が報告され了承された。
午後1時には、理財部財政課から6月議会議案等の説明が行われた。

4日は、愛媛県青年海外協力協会(OB会)の総会に参加のため、午後1時に青年海外協力隊OBの車で三津浜を出発。途中、他のOBも数人同乗し、午後4時頃に北宇和郡鬼北町の成川渓谷休養センターに到着。中国から帰化した芝天氏から文化大革命における大粛清について様々な出来事を聞いた。現在も中国の人権問題は、大きな問題であるが、天安門事件のような国民運動でしか変わらないと思う。
その後休養センター内の温泉に入浴。雉鍋料理に舌鼓しながら懇親会も遅くまで行われ親睦を深めた。宿泊は、休養センターで、いつも通り雑魚寝である。

5日は、朝食後、午前9時から12時過ぎまで平成23年度総会が行われた。出発隊員の県知事表敬や松山市長表敬担当の副会長を務めることとなった。表敬には、ほぼ毎回同行しているので負担が増えることはない。総会終了後は、宇和島の道の駅きさいや広場で昼食をとり三津浜に午後4時頃戻ってきた。三津の朝市も道の駅のようなものになればと思う。

6日は、午後1時30分から第46回松山まつり実行委員会に出席。昨年の事業報告並びに収支決算報告、今夏に行われる松山まつり実施要領、実行委員会組織について関係団体が協議し、承認された。

7日は、愛媛地球市民の会第17回日韓市民友好交流フォーラムの打合せ会を愛媛大学で開催する。弓削副学長(教育担当)、国際連携推進機構村上准教授等も加わり、フォーラムの会場等について打合せ。終了後は、松山東警察署で献血活動を手伝った。松山城東ライオンズからの洗剤と日赤血液センターからのティッシュとポンジュースを献血協力者の警察官や職員に手渡した。
夜には、6時から松山維新の会の定例会を行い、終了後の午後7時からは、中村知事と意見交換を行った。

8日は、午前10時から松山保護観察所会議室で社会を明るくする運動用品を保護司会の各分区ごとに仕分けし、所属の第9分区(三津浜)に割り当てられた用品を受けった。後日、第9分区所属の7人の保護司に配分し協力団体等へ配布することになる。

10日は、午前9時から松山維新の会臨時会を開催。副市長の選任に同意することに関し、稲葉副市長が実名を挙げた社長に対し文書で抗議し、弁護士と相談のうえ法的措置を講じることも念頭に検討している旨の報告がなされ、会派として選任に同意することが確認された。午前9時30分から議会運営委員会。10時からは、6月議会が開会した。詳細は、それぞれ、委員会報告、議会報告で述べる。

11日は、午後1時から北朝鮮による拉致問題を考える愛媛県民会議(救う会愛媛)街頭署名活動に参加。市駅前で街頭演説も行った。この日は、全国統一署名活動日と銘打って全国各地で一斉に署名活動が行われた。この問題を決して風化させてはならない。終了後は、松山市民会館で開催された、ふれ愛コンサート(海上自衛隊 呉音楽隊)を鑑賞。素晴らしい演奏であった。

14日は、久しぶりに平成船手組例会に出席。7月9日からのシーフードバーべキーや8月7日の三津浜花火大会について話し合った。

15日は、午前11時30分から8日に持ち帰った社会を明るくする運動用品を他の保護司(6名)に分配し三津浜の関係団体等に配布してもらうよう手配した。
午後1時30分からは、市役所において西村定栄ブラジル愛媛県人会相談役兼会長補佐夫妻と井上善一愛媛県海外協会会長に同行し野志市長に表敬訪問。西村氏からは、移住当時のご苦労話が披露された。
午後1時50分からは、松山市出身者3名の出発予定の青年海外協力隊員と帰国隊員1名やJICA四国、青年海外協力隊を育てる会、愛媛県青年海外協力協会関係者と市長表敬。出発隊員からは、志望動機や抱負が帰国隊員は、今後の日本での生活についての前向きな発言がなされた。
午後2時過ぎからは、近藤美佐子日本会議愛媛県本部女性部(日本女性の会愛媛)会長らに同行し、本年8月に採択され、来年度から使用される小・中学校の歴史教科書について、本当に子供たちにとって大切な教科書であることから日本人として誇りの持てるような内容となっている教科書を採択していただくよう要望した。

16日は、午前10時から愛媛県海外協会総会に出席。昨日、ご一緒した西村定栄ブラジル愛媛県人会相談役兼会長補佐の挨拶され、矢田部龍一愛媛大学副学長が「国際交流と人材育成について」と題し講演を行った。内容は、日本が世界の中で生き残っていくためにいかに人材育成をするべきか、その必要性と現在の危機的な状況を説明された。氏の話を聞いていると本当に日本の将来が心配でならない。
午後2時からは、松山西部地域開発協議会に出席。今後の三津浜地区のまちづくりや松山市の考え方、三津支所の工事の進捗状況やタウンミーティングについて報告等がなされた。

17日は、午後1時45分から愛媛県出身者7名の出発予定の青年海外協力隊員やJICA四国、青年海外協力隊を育てる会、愛媛県青年海外協力協会関係者と知事表敬。知事から愛媛青年海外協力大使の委嘱状と記念品が手渡され、各隊員が自己紹介と現地での抱負等を述べた。
午後4時30分からは、日本会議愛媛県本部による「尖閣を守れ!署名運動」日本会議全国統一行動としての街頭署名活動に参加。松山市駅前で街頭演説やチラシの配布、署名活動を行った。民主党政権下では無理かもしれないが政府には、中国に対し毅然とした態度で臨んでもらいたい。少しでも甘い顔を見せるとそこに付込んでくる国であることを肝に銘じなければならない。
夜には、出発予定の青年海外協力隊員の壮行会に出席。期待を胸にこれから旅立とうとしている隊員は、本当に生き生きとしている。2年間、健康に留意してがんばってもらいたい。

18日は、午前8時30分から松山城東ライオンズクラブの松山城登城道清掃活動に参加。すぐに汗びっしょりとなる。しかし、心地よい汗である。

20日、21日は、22日は、一般質問が行われた。特に22日は、定刻どおり午前10時に本会議が開会したが、自民党議員の質問に対する答弁漏れの申し立てがあり、議会が4時間ストップした。感情論が先にたったやり方で情けない限りである。一般質問終了後、予算案と議案等の審査が各常任委員会に付託された。詳細は、議会報告と委員会報告で詳細に述べる。

21日は、本会議終了後、日本会議愛媛県本部懇親会と愛媛県青年海外協力隊を育てる会運営委員会にも出席。

22日は、本会議終了後、引き続いて松山市議会観光振興議員連盟定期総会が開催された。さらには、松山維新の会会議も行われ、午後8時に本日の予定が終了した。

23日は、北朝鮮による愛媛県人拉致疑惑の真相を究明する地方議員連絡会(愛媛拉致議連)総会・記念講演に出席。北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会西岡力会長が「現在の北朝鮮と動向と今後の拉致問題について」と題して講演を行った。講演終了後は、意見交換も行った。現在の民主党政権は、拉致問題に全く対応をしている様子がなく、本当に残念である。

26日は、みよし教室Summer歌謡際でお祝いの舞台あいさつ。その後、まさき国際交流協会の交流会に参加。愛媛県国際交流センターにインターン生として来日しているハワイ大学の学生メルセデスさんとアダムさんのハワイ紹介や楽器演奏や意見交換を行った。

27日は、午前10時から産業経済委員会。詳細は、委員会報告で述べる。午後にはライオンズクラブの献血推進研究会に出席。松山城東ライオンズクラブがこれまで行ってきた大街道献血ルーム、県警察学校や松山東警察署での活動や次年度の計画等や他クラブの取り組み状況等の報告がなされた。

29日は、7月9日から開催される予定の「みつはまグルメシティ シーフードバーべキュー食べにこん会」の南海放送「もぎたてTV」取材のため、平成船手組でバーベキューを実施。

30日は、松山維新の会臨時会を開催し議会最終日の人事案件について審議し全会一致で決定した。

7月1日は、午前9時30分から議会運営委員会、午前10時から本会議が開催された。なお、議会は正副議長や監査委員等の人事案件の協議のため休憩が取られ、代表者会が行われた後、それぞれ議会運営委員会が開催された。詳細は、委員会報告並びに議会報告で述べる。

▲ページtopへ

活動報告/平成23年5月

憲法講演会
▲憲法講演会
「尖閣震災義援金募金活動@
▲坂の上の雲ミュージアム館長 松原正毅
震四国民舞輪の会
▲四国民舞輪の会
松山城天守閣に寄贈したTV
▲松山城天守閣に寄贈したTV
市長から感謝状贈呈
▲市長から感謝状贈呈
大震災義援金の呼びかけ
▲大震災義援金の呼びかけ
市民からの義援金募金
▲市民からの義援金募金
拉致被害者救出の訴え
▲拉致被害者救出の訴え
拉致問題街頭アピール
▲拉致問題街頭アピール
清水大洲市長来賓挨拶
▲清水大洲市長来賓挨拶
佐伯新会長主催者挨拶
▲佐伯新会長主催者挨拶
中村知事講演
▲中村知事講演
中村知事と講師控室にて
▲中村知事と講師控室にて
TVタックルでおなじみの三宅久之氏の講演
▲TVタックルでおなじみの三宅久之氏の講演

1日は、月刊誌「祖国と青年」を発刊している日本青年協議会代表の中山直也氏を迎え、協議会の成り立ちや今日までの活動及び今後の目指す方向についての勉強会に参加。詳細に説明を受けた。
3日は、午前11時から愛媛縣護國神社内のみゆき会館において愛媛県教科書改善協議会第2回役員会に出席。名誉会長に加戸守行前愛媛県知事が就任されたことや会員の入会状況等が報告された。また、それに伴う規約の一部改正と新教育基本法に最も適った中学校教科書の採択に向けての今後の取り組みについて審議がなされた。松山市で採択されれば県全体の約30%のシェアを確保できることから重点地区と位置づけ更なる活動をしていかなければならない。
引き続いて午後2時からは、毎年恒例の日本会議愛媛県本部主催の憲法講演会が開催され、寺尾克美氏(三島由紀夫義挙に遭遇した元陸上自衛隊幹部)が「独立国にふさわしい憲法の制定を!」−三島由紀夫義挙に立ち会った者として−と題して講演を行った。寺尾克美氏は、愛媛県四国中央市出身で昭和45年11月25日に三島由紀夫義挙に遭遇し、監禁された益田総監の救出にあたり、三島由紀夫氏から名刀「関の孫六兼元」で4太刀の重症を負った経験や三島氏の割腹自殺について生々しく語った。そして憲法改正を訴えた三島氏の思いを述べ、殺されかかった三島氏を恨んではいないと語った。義挙から40年以上が経過したが未だ、憲法改正は行われず、この状況を三島氏は、何と思っていることだろう。さぞ、無念であろうと思う。
5日は、毎年恒例の第45回えひめ万葉祭が愛媛縣護國神社で開催され、神事のあと舞「額田王」と武道「神道夢想流杖術」が奉納された。その後、坂の上の雲ミュージアム館長松原正毅氏が『坂の上の雲」の世界と題して講演を行った。小説家の司馬遼太郎氏の考え方や書き残した「二十一世紀に生きる君たちへ」に対する思いなどを述べた。祝宴では、四国民舞輪の会の舞踊も披露された。
8日は、午前10時から崇教真光の周年祭(22周年)に出席。
10日は、9時20分から松山維新の会の定例会。冒頭愛媛県議会に誕生した新会派維新の会のお二人の県議が挨拶にみえた。多数のマスコミが取材に来ており注目度の高さが伺える。その後の勉強会では、東北大震災の被災地に派遣された公営企業局、保健所、総合交通課、消防局の職員が詳細に報告を行った。本当に大変な苦労をしたようであるが、被災者の方々は、その何十倍の苦痛と疲労を強いられているかと思うと心が痛む。市は、今後も更なる支援をしていかなければならないし、職員はこの貴重な体験を是非本市の防災、減災のために役だ立てもらいたい。我々議員や議会も協力しなければならない。午後1時からは、明日開催予定の広域的課題・市民参加型議会調査研究グループのワーキングのための打合せを事務局と行う。
午後2時30分からは、松山城東ライオンズクラブの役員と結成5周年の記念品(松山城天守閣へのTVやDVDプレイヤー等3品)の目録を野志市長に贈呈し、市長からは感謝状を頂いた。終了後は、私は、市長室で市長と懇談した。
11日は、午後2時から広域的課題・市民参加型議会調査研究グループのワーキングに出席。詳細は、委員会報告で述べる。
12日は、ゴールデンウィークを利用して被災地を訪問し物資を届けたり、関係者と意見交換してきた県議会議員の森高氏の報告を聞く。一昨日の市職員の報告とは、また違った内容が語られいい勉強になった。
13日は、午後に北条の洋品店「ビバ高市」さんより拠出していただいた新品の靴下や幼児用の肌着類を愛媛大学ボランティアグループに引渡しを行った。松山市太山寺団地に非難してこられた被災児童に贈ることにし、余れば被災地にも送ることとした。非常に喜ばれた。
夜には、友人がオープンしたラーメン一興空港通店で開店祝いを行い、商売繁盛を願った。がんばってもらいたい。
14日は、午前中に松山城天守閣に登り所属する松山城東ライオンズクラブが寄贈したTV機材を視察。昭和の大改修の工事の模様を流しており、TVを新しくし見やすくなったので視聴する観光客が増えたということで非常に評判がよかった。午後には、第4回目となる松山市議会の街頭での義援金募金活動と毎月恒例の拉致問題啓発街頭署名活動を行った。どちらもマイクを握り街頭演説を行った。
15日は、松山つばきライオンズクラブ20周年記念式典・懇親会に出席した。懇親会は、震災を考慮しアルコール類抜きであった。知事、市長も出席し盛大なものとなった。
16日は、午後0時から松山維新の会臨時会を開催。松山市発注の公共事業に絡む裏金問題について市発注工事解明調査特別委員会での議題等について意見交換を行った。議員それぞれに考え方があるが、市民が何を望んでいるのかが大切であり、市民にわかりやすい説明が必要であろうと思う。
午後1時30分からは、松山市土地開発公社の平成22年度決算の監査を実施。詳細は、委員会報告で述べる。
17日は、閉会中の産業経済委員会を実施。閉会中の調査研究「農業振興について」で視察予定の、のうみん株式会社(松山市勝岡町)について事前説明を受けた後、現地訪問をし関係者から説明や提言を受けた。詳細は、委員会報告で述べる。
市役所に戻った後は、昨日に続いて松山維新の会臨時会を開催。人事案件について意見交換を行った。
19日は、松山地区保護司会研修会と総会に出席。午後には、日本会議愛媛県本部、日本会議愛媛県松山城北支部の会議に出席。併せて今年採択される新しい歴史や公民の中学生用の教科書の比較勉強を行った。日本の国を愛し誇りを持てるような教育をするための教科書が何より大切で、そういう教科書を使って授業を行うべきである。また、教員は、新教育基本法に基づき新学習指導要領に沿った適切な指導を期待したい。
20日は、愛媛平成市議の会の総会、研修会のためJRで大洲市に向かう。愛媛平成市議の会は、愛媛県下の超党派の市議で組織し現在100人を超える市議会議員がメンバーとなっており、私は、松山市の幹事となっている。今回の研修は、東北大震災を受けて防災をテーマに行われた。また30回目の研修を記念して一般市民も対象に中村知事の「愛顔(えがお)あふれる愛媛県をめざして」と題しての講演会も開催した。その後知事、清水大洲市長を囲んでの懇親会。懇親会の後は、同僚議員に車で送ってもらい帰松した。
21日は、高知県立坂本龍馬記念館の学芸員を招いた「龍馬を語る会」に出席。坂本龍馬やその家族について学んだ。現在、国の政治は惨憺たるものであり、明治維新を成し遂げた時代に綺羅星のごとく登場した、英雄、豪傑等の逸材は、見当たらず本当に残念である。
終了後は、NPO非営利活動団体「龍馬学援隊」の総会にも出席。その後、車で徳島市へ向かう。松山から約2時間半で到着。本当に便利になった。
22日は、早朝よりアスティ徳島においてライオンズクラブ国際協会336−A地区第57回複合年次大会に出席。代議員として次期の国際委員の投票や分科会に参加。午後に車で帰松。
帰松後、コムズで行われたJICA青年海外協力隊体験談&説明会に参加。東北大震災の関係で今年の春募集は、延期、縮小され四国では、唯一松山のみ体験談&説明会が実施された。
23日は、午後1時から松山維新の会臨時会を開催。6月議会に向けての案件や市発注工事解明調査特別委員会での対応について話し合いを行った。25日の市発注工事解明調査特別委員会後の反応が心配である。会議終了後は、明日の広域的課題・市民参加型議会調査研究グループのワーキングの進行や審議内容について打ち合わせ。少し遅れたが北朝鮮による拉致問題を考える愛媛県民会議(救う会愛媛)の役員会にも出席した。拉致問題も全く進展せず国民の関心も薄れているのではと危惧している。
24日は、午前10時〜12時まで広域的課題・市民参加型議会調査研究グループのワーキングを開催。詳細は、委員会報告で述べる。午後1時からは、松山市土地開発公社理事会に監事として出席。詳細は、委員会報告で述べる。終了後は、TVタックルやたかじんのそこまで言って委員会でおなじみの評論家三宅久之氏の講演を拝聴。民主党の菅総理、東北大震災対応を痛烈に批判した。それかと言って自民党の谷垣総裁に対してもダメだしをしていた。もっともであると思う。
25日は、地元三津浜のグループホームの運営推進会議に出席。町内会長、利用者家族、松山市消防職員等も出席し防災対策等に出席。地域と行政が一体となって具体的な方策を確立しなければならない。
26日は、松温会の5月例会。いつもと趣向を変え、松山大学キャンパス内の温山会館で昼食を取った後、薬学部の教授の案内で御幸キャンパス内の松山大学薬学部附属薬用植物園を見学。関係者から説明も受けた。非常に立派である。いよいよ来年3月には、第1回の薬学部卒業生を送り出すことになる。  
その後、第41回中国・四国地区自衛隊協力団体長会議の記念式典に出席。式典では、三菱重工業航空宇宙事業部顧問(前航空支援集団司令官 空将)柳田邦夫氏による講演も行われた。
今回の東北大震災における自衛隊の活動に対しては、多くの国民から謝意が述べられ、厳しい状況下の中活動されている自衛隊員の方々に心から敬意を表したい。
27日は、午後1時から松山維新の会と市長ら理事者との6月議会予算折衝が行われた。
終了後には、地域主権検討特別委員会ワーキンググループリーダー会を開催。31日の委員会に向けての打ち合わせを行った。詳細は、委員会報告で述べる。
夜は、東日本大震災復興祈念「晴朗会」に出席。この会は、自衛隊OBや支援者で交流を図った。
 28日と29日は、それぞれライオンズクラブ合同引継会と次期三役オリエンテーションに出席。今期は、松山城東ライオンズクラブの幹事を務めたが、来期は会長を務めることになった。

31日は、午後1時から地域主権検討特別委員会に出席。委員会終了後は、広域的課題・市民参加型議会調査研究グループのワーキングを開催。詳細は、両方とも委員会報告で述べる。
▲ページtopへ

活動報告/平成23年4月

三津厳島神社の夜桜
▲三津厳島神社の夜桜
「尖閣震災義援金募金活動@
▲震災義援金募金活動@
震災義援金募金活動A
▲震災義援金募金活動A
松山はいく三津浜グルメコース町歩き市
▲松山はいく三津浜グルメコース町歩きで野志市長挨拶
練りや正雪の試食コーナー
▲練りや正雪の試食コーナー
遍路道清掃
▲遍路道清掃
遍路道清掃参加者
▲遍路道清掃参加者
知事からベンチ寄贈への感謝状贈呈
▲知事からベンチ寄贈への感謝状贈呈

1日は、愛媛県議会議員選挙の告示日。松山・上浮穴選挙区では、自民党と公明党が街宣車を自粛。時期的に妥当な決断だと思う。候補者の方々は、大変だろうが頑張っていただきたいと思った。
夕方には、新居浜選挙区の候補者を激励し、夜には、四国中央市で個人演説会の応援弁士を務めた。応援している全候補の当選を願った。
2日は、小富士保育園の入園式に出席。来賓挨拶をさせていただいた。地域をあげて子どもたちの安全安心に努め、すこやかな成長を見守りたい。
3日は、午前10時から、ひめぎんホールで開催された松山大学大学院・大学入学宣誓式に夜6時からは、大学のカルフールで開催された松山短期大学入学宣誓式に出席。昼間は、松山市総合コミュニティセンター体育館で開催された仙波光杯卓球大会(一般・高校生の部)を愛媛県卓球協会の役員として
観戦した。少々、試合後のかたずけ等も手伝った。
5日は、毎月恒例の松山維新の会の定例会を実施した。今後のスケジュールや松山維新の会の今後の活動等について意見交換した。終了後には、これも毎月恒例となっている勉強会を開催。今回のテーマは、まちづくり協議会と市長公約のタウンミーティングについての2項目であった。まちづくり協議会では、協議会の果たす役割やその方向性についてや我々議員との役割分担等について担当市民部より詳しい説明が行われた。タウンミーティングについては、過去3回についての反省点や今後の実施方法について意見が述べられた。
夜には、久しぶりに倫理法人会の会合に出席した。
8日は、三津浜小学校の入学式に出席。夜には、松山市中央倫理法人会の役員会に出席。その後、室内でお花見を実施。震災から後3日で1ヶ月が経過。そろそろ、自粛から復興に向けての歩みを進めないといけないと感じた。
9日は、愛媛縣護國神社霊?奉安祭に出席。終了後すぐに地元に戻り三津厳島神社でかいさい平成船手組の花見
10日は、早朝に四国中央市に向かい、ライオンズクラブ336−A地区第57回地区年次大会に出席。代議員として次期四国地区ガバナー等の選挙の投票も行った。夕方には松山に戻り、石手川公園で
行われたハーモ二ーグリーンの花見に参加。
 11日は三津浜中学校の入学式に出席。夜には、愛媛県企業家交流研究会の打ち合わせ。
 14日は、議会運営委員会が開かれ6月議会の日程が内定した。詳細は、委員会報告のページで述べる。午後には、松山維新の会の会議を開催し、震災支援に対する市長要望について討議した。要望案は、週末までに提案することとし、25日には、野志市長に要望書を提出することとした。夜には、松山市政記者クラブの関係者との意見交換会を実施。初めての試みであったが有意義であったと思う。
 16日は、松山城登城道の清掃活動に参加。昨年の12月の清掃活動の際に靱帯を損傷してから4ヶ月ぶりであった。終了後、地元三津浜に戻り着替えた後、市駅前で実施の松山市議会東北地方大震災の義援金募金活動に参加。終了後、電車で伊予市の新川駅まで行き、駅から徒歩でウエルピア伊予に向かい、伊予ライオンズクラブ45周年記念式典と懇親会に出席。さまざまに工夫し経費をできるだけ抑え残した予算を義援金とするということであった。本当に素晴らしいことである。
 18日は、温山会第2回実施委員会に松山大学卓球部OB会代表として出席。今年度は、5月に実施していた毎年恒例の温山会総会を中止することを全会一致で決定した。正式には、温山会理事会で決定されることも確認した。
 19日は、午前中に地域主権検討特別委員会ワーキンググループ(WG)第4回リーダー会に出席。詳細は、委員会報告のページで述べる。夜には、温山会松山支部役員会に出席。温山会松山支部は、役員改選も今年度行いたい旨、提案があり新役員が承認された。そのため、温山会松山支部総会は、秋口を目途に実施することで決した。
 20日は、松山城東ライオンズクラブ特別委員会に出席。当クラブは今期設立5周年記念式典を行う予定であったが、式典は中止し、その分の予算を義援金とすることになった。
 22日は、JICA四国支部長が異動となり、高松の四国支部から挨拶回りで来県したのに併せ、送別会を実施。途中、松山西高時代の同級生が久しぶりに帰省し数名で旧交を温めている会にも参加した。
協力隊関係や同級生の会は、片意地を張らず構える必要がなく本当に愉快である。
 23日は、松山はいく三津浜グルメコースを野志市長と一緒に巡る。その後、今月2回目となる松山市議会東北地方大震災の義援金募金活動に参加。福島第一原発は、まだまだ予断を許さないが、一日も早く被災者の方々が普通の生活に戻れることを祈るのみである。そのためにできることをこれからも行う。
 24日、早朝より石手寺裏の遍路道の清掃活動に汗を流した。終了後に自宅に戻り知り合いが出演するフラメンコショーを鑑賞。偶然にも青年海外協力隊OGも来ていてビックリ。フラメンコは、何回か見ているが、今日も本当に素晴らしかった。
 25日は、震災対策に対する要望を文書にまとめ、自粛ムードの払拭や県内産農産物の風評被害への対応等をマスコミを入れる中、野志市長へ松山維新の会として申し入れた。
 26日は、11時から地域主権検討特別委員会に出席。詳細は、委員会報告で述べる。
 27日は、午後から中村知事を訪問。松山城東ライオンズクラブ結成5周年記念品として県立動物園のカワウソ飼育舎前にベンチ3基を贈呈し、その目録を手渡し、感謝状をいただいた。

 28日は、いつもお世話になっている三津浜婦人会の平成23年度総会に出席。ありがたいことに来賓挨拶をさせていただいた。今後も松山市のため地元のため頑張りたい。



▲ページtopへ
松山市議会議員 若江進(わかえすすむ)を育てる会事務所
〒791-8061 松山市三津3丁目9−18
TEL:(089)907-0870 FAX:(089)907-0871
Home Page:http://www.wakae.net  E-mail:susumu@wakae.net