議会報告
平成24年9月19日 質問答弁
【質問者】若江議員
【答弁を求められた者】危機管理担当部長
【主管課等】危機管理担当部長付

【質問要旨】

2 南海トラフ巨大地震について
  過去に試算した本市の被害予測及び今回公表された被害予測に対し
  今後、どのように対応するつもりなのか。

【質問】

次に南海トラフ巨大地震についてお伺いいたします。
昨年3月11日に発生した東日本大震災は、死者15,870名、行方不明者2,814名にものぼる阪神淡路大震災を越える戦後最大の大災害となりました。
その主たる被害の原因は、津波によるものであったことは、言うまでもありません。
そして、去る8月29日に国の「中央防災会議・南海トラフ巨大地震対策検討作業部会」が発表した被害予測は、過去の予測を大幅に上回る衝撃的なものでありました。
特に様々な条件がある中、最も被害の大きい冬場の深夜に発生した場合は、死者が全国で32万人にのぼり、全壊は、238万6,000棟にも及ぶとしております。また、愛媛県の場合は、最大で死者12,000人、全壊は、19万2,000棟に及ぶとされております。
一方、防災対策の効果も検証され建物の耐震化や地震直後の迅速な避難による津波被害の防止などの防災対策が徹底されれば、死者を61,000人に減らすことができるとも試算しております。
このことから行政においては、更なる防災・減災対策が、また、住民は、この想定を十分理解して地域やそれぞれの家庭のリスクを認識し、各自でできる事前の防災対策と地震発生時の行動計画を決めておくことこそが防災や減災につながるものと考えております。
なお、今回の発表では、市町村単位のデータは公表されず、全国の自治体ごとの津波浸水域などのデータは各県にのみ貸し出され、データを閲覧するのは、予約制となり県庁のパソコンに列を成すなどして大変苦労しているとお聞きしています。
国においては、市町村へのデータの貸し出しをするよう強く要望いたします。
さて、本市においては、今年3月末に出された内閣府の「南海トラフ巨大地震有識者検討会」の1次報告による津波高・震度分布想定の震度6強、津波の高さ3.5mをもとに、先の6月議会において市内各所に標高表示板を設置するための補正予算が決定いたしましたが、三津浜、高浜など多くの沿岸部を抱える本市においても今回の予測に則った新たな避難経路、避難場所の選定や更なる防災・減災対策が必要であると考えます。
公表されてまだ日が経っておらず今回示されたデータでの予測は、困難なことかもしれませんが、過去に試算した本市の被害予測も含め、どうであるのか。また、今回公表された被害予測データに対し今後、どのように対応するつもりなのかお聞かせ下さい。



【答弁】

 若江議員に、南海トラフ巨大地震についてお答えします。まず、過去に試算した本市の被害予測についてですが、平成13年度に県が実施した地震被害想定調査を基にした被害予測では、1854年の安政南海地震をモデルにした場合、マグニチュードが8.4、松山市全域での全壊棟数12,645棟人的被害では、火気器具の使用率が最も高くなる冬の18時に地震が発生した場合で、死者624人、負傷者14,124人としておりまた、最高津波高は2.4mと想定しています。今回示された災害そのものは、マグニチュードが9.1、最高津波高が3.5mという想定は出ていますが、被害予測は、あくまでも国として都道府県レベルで想定したマクロ的な被害想定であり、市町村単位での被害は算出していないと伺っております。従いまして、本市の詳細な被害想定については、現在進めています、津波避難対策事業による標高調査や、今後公表される予定の県の被害想定結果を基に、避難場所や避難経路等も改めて考察し、修正予定の松山市地域防災計画に反映するなど適切に対応してまいりたいと考えています。また、今回公表された被害予測に対する対応につきましては、市内の詳細な標高データを基にした標高マップの作成や標高表示板の設置を自主防災組織と協働で進めるとともに、大規模な地震や津波に備えた避難訓練などの実施により、まずは避難優先の機運を高めることとしています。また、関係法令や地域防災計画などを基に、関係部局において、学校・上下水道などの市有施設や公共施設の耐震化計画を策定・推進するほか木造家屋の耐震化などにより、市民が安心して暮らせるまちづくりを進めるとともに、懸念される南海トラフの巨大地震に際しても、市民の命を守る減災対策を進め、迅速な復旧・復興につなげたいと考えています。

このウィンドウを閉じる
松山市議会議員 若江進(わかえすすむ)を育てる会事務所
〒791-8061 松山市三津3丁目9−18
TEL:(089)907-0870 FAX:(089)907-0871
Home Page:http://www.wakae.net  E-mail:susumu@wakae.net